サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > レスラーたちの【ビジネス・自己啓発】本の中身

――写真集だけでなく、昨今その出版が話題となっているのが、プロレスラーたちの“啓発系”の本だ。気になるその中身を、小誌で連載をしていた「プロレス読闘記」の筆者が徹底レビュー!

 近年、プロレスラーによるビジネス・自己啓発本が次々と発売されていて、売り上げもなかなか好調な様子だ。以前は一晩の酒席で数百万円もの金を使い、借金上等、科学的トレーニングなんぞクソくらえ! と、とにかく破滅型の生き方が是とされ、絶対に真似しちゃいけないタブーな生き方をしてきたプロレスラーたち。そんな彼らから、一体何を学ぶべきなのか――。数あるプロレス系啓発本から、その哲学を読み解いていきたい。

SNSの被害者・長州と“性格の悪い男”から学ぶ

1507_prowrestles.jpg
「Number882号 新日本プロレス、№1宣言。」(文藝春秋)

「俺はお前の噛ませ犬じゃない!」「またぐなよ、こら」「キレちゃいないよ」。

 ご存じ、プロレスラー・長州力の名言である。そんな金言、至言を本人自ら解説したのが『逆境? それ、チャンスだよ』【1】だ。本書では、長州の名言47個を「○○なキミへ」という形式で読者に投げかけていて、その発言の真意とともに「信念を貫く」「苦境を跳ね返す」ためのアドバイスが語られている。長州が海千山千のプロレス界で生き延びてきた哲学を学ぶにはもってこいの1冊だ。しかも中身はちゃんと現代の世論や流行もとらえられていて、中でも筆者が好きなのは「ツイッターやFBに夢中なキミへ」贈る、「ツイッターでアレしてんじゃないよ!」の章。

 そもそも長州は「全部オープンにしていると意外な部分がなくなっちゃうから、つまんない」という理由で、ツイッターなどのSNSには一切手を出していない。ところが、何年か前に長州の名をかたってツイッターをしていた輩が、いろんな有名人に噛みつく事件があったという。

 この章で長州は「目立ちたいなら、自分が置かれているリアルな世界で目立った方がいい」と現代のSNS文化に一石を投じ、最後に「今度またツイッターで僕の名前をかたるヤツがいたらね、ただじゃ済まないよ」という警告のおまけ付き。なりすましを画策している人はご用心。社会的にじゃなくて、物理的に抹殺されるかもしれないよ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』