サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【長沼毅】藤子・F・不二雄の鋭い予見性
第1特集
ドラ通識者が語る藤子Fイズム【1】

ドラ通識者が語る"CGじゃない『ドラえもん』"の魅力! 【長沼毅】が唸る藤子・F・不二雄の鋭い予見性

+お気に入りに追加

――ビジネスとして新機軸を打ち出した映画『STAND BY MEドラえもん』だが、藤子・F・不二雄の世界観を無視し、泣ける話をつなぎ合わせただけという批判の声も多い。このまま情感を刺激するだけの作品が量産されていくのを、黙って見ているわけにはいかない!ドラ通識者に、真のFイズムを聞いた。

1411_doraemon_01.jpg
 (絵/沖真秀)

 8月8日に公開されたフルCG映画『STAND BY ME ドラえもん』の興行収入が77億円を超える(10月6日現在)大ヒットを記録している。毎年恒例、春のドラえもん映画の興収平均が30億円台後半なので、実に約2倍。「CGでドラえもん」という新鮮味に加えて、大人向けに「泣ける」ことを打ち出した宣伝戦略が功を奏した形だ。

 しかし、『ドラえもん』を愛するからこそ、あえて言いたい。『STAND BY ME ドラえもん』は、「ヌキどころ」をつなげたオムニバスAVのごとく、原作屈指の感動短編を乱暴に並べただけの代物である。

 その一例を挙げよう。のび太が「僕のお嫁さんになれば、しずちゃんは一生不幸になる」と思い込み、嫌われる薬「ムシスカン」を過剰摂取するというくだりだ。これは「しずちゃんさようなら」という原作が下敷きになっているが、のび太が「自分の未来の結婚相手がしずかちゃんであることを知っている」からこそ成立する話だ。

 しかし、フルCG版でこのエピソードが登場する時点では、のび太の結婚相手はジャイ子で、のび太もそれを知っている。これでは、のび太がしずかちゃんに嫌われようとする動機がない。

 エピソードの配置順、もしくは脚本の構成がおかしいのだ。にもかかわらず多くの観客が反射的に泣いてしまうのは、『ドラえもん』が国民的作品であるがゆえに、「のび太の結婚相手は最終的にしずかちゃんである」ことを、作品外情報としてすでに知っているからだ。1本の映画としての説明不足やつじつまの合わなさは、観客の脳内補完によって帳消しにされてしまう。そして、「しずかがのび太を救う」という記号的な泣きどころで、パブロフの犬的に観客の涙腺を緩ませ、暴力的に〝涙をカツアゲ〟しているのだ。

 フルCG版の大成功によって、CGドラの続編が制作される可能性は高い。事実、ある製作関係者の口からはこんな話も出た。

「アニメ版『ドラえもん』の制作会社で著作権も共同所有しているシンエイ動画ではここ数年、芳しくない劇場版の評判を受けて苦しい状況になっていた。そんななか製作委員会としても名を連ねているフルCG版が当たったので、過去の長編(映画)をフルCGでリメイクすることは間違いない」

 ちなみに、05年の声優交代後に作られた『ドラえもん』映画9本のうち、5本が過去劇場版のリメイクだ。原作の藤子・F・不二雄氏が96年に逝去後、04年までの映画版は原作なしのオリジナルで制作されたが、どれも評価は芳しくなかった。ゆえにリメイクという安パイに走るのは理解できる。

 ただ、感動系短編の原作ストックもいつかは枯渇するし、リメイクはネタ不足を背景とした「焼き直し」だ。藤子F氏晩年の中編『未来の想い出』では、作者自身を模した主人公に、編集者がこんなことを言っている。

「コツでかくってことはパターン化するってことですよ。いつまでもなやみながらかいてほしかったな」(原文ママ)

 安易な既存メソッドの踏襲を、F氏は良しとするだろうか?

 さて、フルCG版の監督・脚本を手がけた山崎貴氏は、F作品に多大なる影響を受けていると公言している。であれば、山崎氏にはぜひ、原作には存在しない完全オリジナルで作ってほしい。オリジナルプロットを作れば、反発もあるだろう。しかし、当初反発の多かった声優交代が、やがて視聴者に受け入れられたのと同様、志ある挑戦はきっとファンに届くはずだ。ここでは、それらをふまえて、藤子・F・不二雄イズムと、ドラえもんの魅力を、ドラ通の識者に、改めて語ってもらった。

長沼毅(ながぬま・たけし)
広島大学大学院生物圏科学研究科准教授。理学博士。南極や深海など極限の場での生命を探査、研究する。生物学会のインディ・ジョーンズと呼ばれる。
1411_doraemon_02.jpg
 (絵/沖真秀)

 感動的なストーリーが話題となっていますが、私はやはり『ドラえもん』は優れたSFだと思っています。そして、優れたSFには秀でた予見性があるもの。私は深海生物学を専門としてきたので、『ドラえもん のび太の海底鬼岩城』(83)を題材にしてみましょう。

 まずは”ひみつ道具”から。例えば、『海底鬼岩城』で重要な役を果たすカメレオンぼうしは、帽子が大きくなって人が入る空間を確保しつつ、表面は海底に擬態する。その擬態の巧妙さはカメレオン顔負けです。ほんの20年前に発見された「ミミック・オクトパス」という擬態ダコを彷彿とさせます。

 また、海底でキャンプするのにドラえもんが取り出したのはテントアパート。要するに個室のある深海用テントなんだけど、私はテントそのものより、テントの中で摂った食事に興味が湧きました。特に「うまい! いい肉をつかってるね」「ちがうよ、プランクトンを加工したんだ」というやりとりは、まさに私が大学で教えていることの要点。人々が、食物連鎖の底辺にいるプランクトンを食べるようになれば、食料危機など解消しますからね。問題は、プランクトンを美味しく食べる料理法。いまだ研究中のその技術が、『海底鬼岩城』ではすでに実現しているのは、頼もしいですね。

 さらに、ドラえもん一行の海底での移動手段は、潜水船ではなく水中バギーでした。コンピューター内蔵で、これが人間臭い。ふてくされるし、しずちゃんにホの字だし……。でも、その人間味が結果的にしずちゃんや陸上人(いわゆる人間)を救うんです。

 その一方で、「特異点問題」、すなわち、2045年に人工知能が人間の脳を凌駕するという問題にも言及しているように見えます。人間を超えたコンピューターが、どれほど人間のことを思ってくれるだろうと、想像が膨らみます。

 最後に、同作には藤子・F・不二雄の人間観も表れているのが興味深い。海底人から見た陸上人の歴史は「血みどろの歴史」で、ジャイアンとスネ夫は「凶暴性とウソつき」なので、海底人に捕らえられた。それは、人間の遺伝子に刻まれたもの。知性の進化にあたり、暴力とウソが有用だったんです。こうした科学的倫理観に、彼の人間観が垣間見られるんですね。

 そして今、人間には協調性の遺伝子があり、それが文化を育んできたと言われている。では、これから人間はどうなるのだろう。『海底鬼岩城』では、こう締めくくられています。「いつの日か、海底人と陸上人が、仲良く手を取り合える日まで」「さようなら、その日を楽しみに」。藤子・F・不二雄の予見を実現するのは、今の私たちなのかな、と思います。

(文/稲田豊史)

「ドラえもん のび太の海底鬼岩城」
1983年公開の大長編第4作。SF=宇宙とならないFイズムが表れた作品。かつ、深海の国の争いを東西冷戦に見立て、社会的視座も組み込まれる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ