サイゾーpremium  > 特集  > ジャニーズ  > 嵐とEXILE スキャンダラス文化論
第1特集
歴代ジャニーズの名作をディグる【1】

【西寺郷太】少年隊は日本が誇る世界標準のグループ!「ABC」世界で一番素晴らしい曲です。

+お気に入りに追加

――「しょせん、野郎アイドルの曲だし」と、世の同性からは煙たがられる傾向にあるジャニーズ所属アーティストの楽曲。しかし、そこにはジャニーズのアンテナの高さも見え隠れ。時代の最先端を走るアイドル性と音楽性を、刮目せよ!

1408_dj_01.jpg
(絵/小笠原徹)

 パフォーマーありきで、ダンスミュージックに特化したEXILEの楽曲に対し、ジャニーズ所属アーティストは極上のポップスで勝負を挑んでいる――というのが、世の中の一般的認識かと思うが、さかのぼること約40年前、ジャニーズよりデビューを果たした郷ひろみから始まった「ジャニーズとブラックミュージックの蜜月」は、実は、音楽好きの間では有名な話である。

 SMAPの代表作「ダイナマイト」ではハウス・ミュージックのビートが採用され、V6は所属レーベルのエイベックスにならい、ユーロビートの楽曲でデビューを飾り、嵐やKAT-TUNの楽曲には積極的にラップが組み込まれる。昨年末に発売されたHey!Say! JUMPのシングル「Ride With Me」ではダブステップが採用されるなど、何気にジャニーズはブラックミュージック~ダンスミュージックとして機能する楽曲の宝庫なのだ。そのほかにも時代の潮流を見逃さず、ディスコやテクノ、EDM、果てにはソウルミュージックへのオマージュまでもやってのけてしまう。昨今、CD売り上げランキングの常連組であるジャニーズとEXILE軍団だが、ここでは、普段ダンスミュージックとして語られることのないジャニーズ歴代アーティストの楽曲に目を向けてみたい。
 
 V6や少年隊への楽曲提供でも知られ、NONA REEVESのボーカリストとして活躍する西寺郷太。ダンスフロアをロックし続けるクラブミュージック界の女帝、DJ KAORI。並々ならぬ音楽知識でジャニーズ楽曲をコアに分析する芸人、大谷ノブ彦(ダイノジ)。そして、DJとしても活動し、殿方の心と股間を躍らせてくれるAV女優の横山美雪の4名に、バツグンの5作を選んでもらった。

1408_dj_04.jpg
西寺郷太
(にしでら・ごうた)1973年、東京都生まれ。NONA REEVESのボーカリストとして活動するかたわら、DJやプロデューサーとしても活躍。著書『噂のメロディ・メイカー』(扶桑社)が発売されたばかり。

1408_dj_05.jpg

 ジャニーズとの出会いは小学校時代の『ザ・ベストテン』(TBS)。当時から男性ソロアーティスト/グループの歌が好きで、最初に購入したシングルは近藤真彦さんと田原俊彦さんでした。ジャニーズの楽曲は広義でダンスミュージックと呼ばれますが、僕は「シンガーやパフォーマーがダンスをするための音楽」だと思っています。ジャニー喜多川さんは「CDを作る」という観点からではなく、コンサートやショーを作り上げることに重きを置いている。エンターテインメントとして、演者たちが歌い踊り楽しませる、という美学です。その極みが嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」【1】。これはプリンスが映画『バットマン』のために書き下ろした楽曲「Batdance」の日本版ともいえる映像的でマッドな楽曲で、発売当時大野(智)君のボーカルに感動しました。

 また、最初の衝撃がたのきんトリオでもあったので、田原俊彦さんの楽曲から選ぶと「ブギ浮ぎI LOVE YOU」【2】。田原さんといえば「抱きしめてTONIGHT」も避けては通れませんが、この曲はイントロからAメロ/Bメロ/サビのどれもがキャッチーで、すべてが美メロというポップソングの完成形。作曲を担当した筒美京平さんが手がけた80年代後半の楽曲は神懸かっているものばかりです。田原さんの声質、歌手としての魅力は、後の渋谷系にも通じる革命的なものです。

 ジャニーズ史の枠を越えて完全にノックアウトされた作品は、少年隊の「ABC」【3】。歌詞、メロディ、アレンジ、ボーカルの瑞々しさ。10年ほど前、宇多丸さん(ライムスター)と「世界で一番素晴らしい曲」と意見が一致しました(笑)。YouTubeなどで当時の映像を見返してみても、まったく色褪せていない。それどころかメンバーのバク転を取り入れたアクロバティックな動きと、高いスキルで歌い上げるスタイルは、海外に目を向けてみても、同じことを同レベルでやれているグループは現在まで存在しません。日本が誇る世界標準の曲、グループです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』