サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【ソシャゲ業界】を震撼させた3大事件
第1特集
ソシャゲ業界匿名座談会【2】

コンプガチャ問題に『進撃の巨人』パクり疑惑…ソシャゲ業界を震憾させた3大事件

+お気に入りに追加

――前章ではソシャゲ業界関係者の座談会をお届けしたが、ここでは近年起こった3つのソシャゲにまつわる事件を振り返ってみたい。

1404_soshageshikumi.jpg
まつもとあつし『ソーシャルゲームのすごい仕組み』 (アスキー新書) 

【FILE 1】2012年読売新聞がGREEを追い込んだコンプガチャ問題

 12年5月、ソーシャルゲームで快進撃を続けてきたDeNA(モバゲー)、GREEが相次いで、コンプガチャの廃止を発表し、それまで無敵だったソシャゲ業界に激震が走った。

 コンプガチャとは、硬貨を入れ、ダイヤルを回すと、景品が入ったカプセルが出てくる「ガチャガチャ」的なくじ引き的要素。あらかじめ決められた希少価値の高いアイテムを取得できる組み合わせを目指してカードを引く課金システムだが、その組み合わせになる確率は低く、カードを揃えるために高額請求されるトラブルが相次いだ。

 このため、消費者庁長官が「(コンプガチャ問題につき消費者庁も)注意深く見ている」と発言。「消費者庁が中止を要請へ」と読売新聞がスクープし、DeNA株、GREE株はストップ安。規制強化の高まりに各社、コンプガチャの廃止を発表し、12年11月には自主規制団体としてソーシャルゲーム協会も設立した。こうした動きは「売上高利益とも前年同期比3倍増」と予想していたGREEにとって大打撃。「社内コンプライアンスが厳格化、それまでは不要だった稟議書が必要になり、自由な社風が一気に息苦しくなってきた」(業界関係者)。

 コンプガチャ問題をスクープしたのは警察寄りとされる読売。「読売の記事は警察が天下りルートを確保するための自主規制団体を作らせるための布石だったのではないか」とあるジャーナリストは見る。


1404_zadankai_02.jpg

【FILE 2】2013年 モンストの登場で一発逆転のミクシィ

「ミクシーはSNSとしてシステムの改悪とスマホブームの時代の波に乗り遅れたことが痛かった。頼みの綱のゲームも、牧場育成シミュレーション『サンシャイン牧場』(開発・運営Rekoo Japan 09年)のヒットを飛ばすものの、その後、不振が続いた。13年6月には創業者であり最大株主である笠原健治氏から、朝倉祐介氏に社長が交代し、大リストラを敢行。自己都合退職させるための追い出し部署を作るなどサンザンな印象だった」(業界関係者)

 一時は上場以来初となる赤字の連結業績予想を発表したミクシィだが、ここにきて一気に息を吹き返し始めている。

「モンスターアクションRPG『モンスターストライク(モンスト)』(開発・運営ミクシィなど 13年)が大ヒット。モンストには、カプコンで『ストリートファイター』などを手掛けたものの、独立して立ち上げた会社が失敗した岡本吉起氏がゲームプロデューサーとして関わっています。ダウンロード数が、14年2月には300万人を達成。『一本のヒットで挽回できる』というゲーム業界の特性を体現しています」(ゲーム開発者)

 ミクシィ株も急騰。12月には値幅制限のストップ高となり年初来高値を更新。10月につけた年初来安値の1064円から8.5倍の水準まで膨れ上がった。14年2月にはモンストの開発を手掛けた森田仁基氏に社長が再交代。2月28日には、新株発行による公募増資での63億円調達を公表しても急伸するなどイケイケだ。


1404_zadankai_03.jpg

【FILE 3】2014年DeNAの「進撃の巨人」パクリ疑惑

 システムは一緒で、ガワ(外観)を変えただけでも売れてしまう。ヒット企画はパクってパクられて……というのが、当たり前だったソシャゲ業界。しかし、「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」(開発・運営ガンホー・オンライン・エンターテイメント 12年)の大ヒットで、ネイティブアプリによる本格的なゲームの時代に到来したというのが、ソシャゲ関係者の共通した見方だ。

 それだけに関係者が一様にクビをひねったのが、「進撃の巨人 自由への咆哮」(開発・運営モバゲー)だ。「進撃の巨人」といえば、単行本累計部数3000万部を突破した講談社のベストセラー漫画。その公式ゲームアプリがモバゲー(DeNA)から配信されたが、その内容はこうだ。

「ゲーム開発者であればフィンランドのスーパーセル社『クラッシュオブクラン』(13年10月にソフトバンクとガンホーが買収)のパクリだとすぐにわかるようなシロモノだったのです。いわゆる“ガワ変え”ですね。魅力あるアプリを開発して競うべき時代に、業界をリードすべきモバゲーが今さらの『ガワ変え』ゲームを出すとは。しかもそのアプリがそこそこヒットしてしまい、開発者たちは脱力してしまいましたよ」(ゲーム開発者)

 モバゲーは今冬にも公式ゲームアプリ『エヴァンゲリオン 魂のカタルシス』を配信予定だが、再びパクリ(「ガワ変え」)ゲームになるのではないかと懸念されているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ