サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【入りたい会社編】人気はやはり"手厚い"任天堂?
第1特集
このゲーム会社に入りたい!入りたくない!【1】

人気はやはり"手厚い"任天堂? 「このゲーム会社で働きたい!」

+お気に入りに追加

――いまや、就職活動を行う新卒の人気企業上位にもランクインするゲーム会社。だがその裏側ではブラック企業さながらの企業体質が指摘されることもしばしば……。そんな中、充実した福利厚生(?)、人間関係の良さ(??)、やりがいが持てる(???)と評判の“働きたい会社”を関係者に聞いてみた。

1404_nintendohouteishiki.jpg
井上理『任天堂 “驚き”を生む方程式』(日本経済新聞出版社)

 ゲーム業界といえば、コアなゲームファンにとっては憧れの世界ともいえるだろう。だが、実際にその内情をよく知る人にとっては、会社によって千差万別のようだ。そこで今回、編集部が約50人の業界通に「ゲーム業界 入りたい会社・入りたくない会社」を尋ねてみた。まずは羨望の眼差しが向けられる「入りたい会社」から。

 多くの人が名前を挙げたのは、やはりゲーム業界の元祖帝王、任天堂。その最大の理由は、並外れた労働環境の良さにあるようだ。

「あの資金力と開発力があれば、いくらでも好きなことができる。社員に手厚いことも有名で、先代社長の山内溥さんは、不倫に悩んでゲーム作りに支障をきたした社員のために、ポケットマネーで女性との手切れ金として2000万円渡したという伝説も。もちろん信じてはいませんが、それくらい社員を大切にするということでしょう」(40代ゲームライター)

「午後8時45分になると、強制的に会社を出なければならないのが、絶対のルールらしい」(40代ゲームジャーナリスト)

「給料がよく、“任天堂愛”に満ちた社員で集い、慎ましく実直……というイメージ。本社ビルは地味だけど、よくこの環境下で面白いソフトを作れるな、と感心します」(30代ゲームライター)

 任天堂は頑としてソーシャルゲームに背を向けた経営を続け、新ハード「WiiU」の売り上げも不振。3期連続の営業赤字が続いているが、「今は低迷しているといわれるが、任天堂のようなファミリー向けのゲームは必ず生き残る。会社の規模はこれまで通りとはいかなくても、純粋にゲームを作りたい人には憧れの環境であり続けるんじゃないかな」(30代制作プロダクション社員)と、その地位は盤石だと信じる業界人も多い。

 だが、実はその一方で、入りたくない会社に任天堂を挙げた人も多かった。その理由は、「入りたくない会社編」を参考にしてもらうとして、ほかにはどのようなメーカーが挙がっているのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ