サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【千葉善紀】海外戦略が肝!『冷たい熱帯魚』仕掛人の一手

1403_wide_06.jpg

千葉善紀(ちば・よしのり)
1965年、長野県生まれ。ギャガ・コミュニケーションズ、メディア・スーツを経て日活のプロデューサーに。プロデュース作に三池崇史監督の『ヤッターマン』(03年)、園子温監督の『冷たい熱帯魚』(10年)『恋の罪』(11年)ほか多数。『TOKYO TRIBE』が公開待機中。


1403_wide_03.jpg
(絵/小笠原 徹)

 園子温監督のヒット作『冷たい熱帯魚』は実在の連続殺人事件をモデルにしたものゆえ、本来は国内で映画として成立させるのが難しい企画でした。そこで「スシタイフーン」という海外輸出向けのレーベルを社内で立ち上げて、その中の1本ということにして企画を通したんです。もちろん、日本のジャンルムービーは海外で売れるという読みがあってのことです。というのも井口昇監督の『片腕マシンガール』(08年)を北米のビデオメーカーから発注を受けて製作したところ、北米だけでDVDが10万枚以上セールした大ヒット作になったんです。

 日本の映画マーケットは伸び悩んで閉塞的な状況。海外に進出しようにも、ハリウッド大作には敵わない。それで「スシタイフーン」はバイオレンスやアクションなどに特化したレーベルとして僕が個人的に始めました。予算は1作品につき5000万円で、若手監督たちにやりたい放題で撮らせたんです。西村喜廣監督の『ヘルドライバー』(11年)は7万枚出荷するなどそれなりの数字が残せたんですが、北米のDVDマーケットの縮小化が進んでいたため、もうひとつ勢いに乗り切れなかった。北米に乗り込むのに、さすがに僕ひとりの力では難しかった(苦笑)。

 そこで、アジアの新興国で勢いのあるクリエイターたちと組んで、「スシタイフーン」の進化形をやろうと考えたわけです。インドネシアのアクション映画『ザ・レイド』(12年)は予告編がカンヌ映画祭で披露されただけで世界各国に配給権が売れたと耳にした頃に偶然、同作のギャレス・エヴァンス監督がプロデュースするバイオレンスものの脚本が僕のところに持ち込まれた。それが日本とインドネシアの初合作映画となった現在国内公開中の『KILLERS/キラーズ』(主演:北村一輝/「【北村一輝】ターゲットは世界……映倫・規制を打ち破るアジアの表現者に学べ!」にインタビュー&作品詳細掲載)です。

 日本の映画作りは制約が多すぎる。製作委員会方式はその最たるものでしょう。その点、『キラーズ』のモー・ブラザーズ監督は、三池崇史監督をはじめとする日本のホラー映画が大好きで、最初から世界をターゲットにとんでもない作品を撮り上げてしまった。おかげで、日本だけでなくインドネシアでもR18指定をくらいました(笑)。1月にサンダンス映画祭でプレミア上映され、あっという間に北米を含む主要国にセールスが決定しました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』