サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  >  写真時評~モンタージュ 現在×過去~【20】
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

宴の後の空地

+お気に入りに追加
1312_ph_01.jpg
「千代田区内神田1丁目」(1988年11月13日)(c)浜昇

 アベノミクスという官製バブルと東京五輪の決定によって、東京の不動産価格が上昇しているという。安倍政権が取り戻そうとする日本は、バブル景気に踊った頃の日本なのだろうか。「いつか来た道」という言葉しか思い浮かばないが、「災害」は忘れた頃にやってくるものだ。

1312_ph_02.jpg
「千代田区東神田1丁目」(1989年5月28日)(c)浜昇

 1989年のバブル崩壊前後、東京の中心部には多くの空地が点在していた。地上げや再開発、土地転がし、建て替えなどの結果だ。写真家の浜昇はバブル崩壊前後に凄まじい勢いで都心に広がっていた空地を88年秋から3年間、地図を片手に丹念に撮影して回った。撮影範囲は神田から新宿にかけてのすべての空地。人々が生活を営んだ場所が交換可能な商品とするべく解体され、かつての生活の匂いは跡形もなく脱臭されてゆく。

1312_ph_03.jpg
(c)浜昇

 撮影箇所は全部で953カ所。四谷で家業を営む浜の自宅も、そうした空地となる可能性を懐胎していたことになる。浜は「凶奔の季節と親の死期とのタイミングのズレで生き残り、私はいまもここにいる。たまたまのことだ」(『VACANT LAND 1989』、photographers' gallery, 2007年)と記している。浜が撮影した953カ所はバブル経済の大波に攫われて「たまたま」空地となった場所なのだろう。その寒々しい風景は経済の戦争が生んだ廃墟なのだ。

1312_ph_04.jpg
(c)浜昇

 スクラップ・アンド・ビルドの過程で生まれるかりそめの空き地は、殺風景この上なく、「フォトジェニック」という言葉からはほど遠い。しかし、その殺風景な空地となった場所で、かつて営まれていた生活が確かにあったはずだ。残された写真からそこで暮らした人々のことを想像するのは困難だろう。しかし、もしかしたらこうした殺風景な空地は自分の家の未来の姿かもしれないとも思う。殺風景とは「風景を殺す」と書くが、いつか私が大事にしている風景も殺されるかもしれない。なぜなら、あらゆる場所は潜在的な空地なのだから。

小原真史
1978年、愛知県生まれ。映像作家、批評家、キュレーター。監督作品に『カメラになった男―写真家中平卓馬』がある。著書に『富士幻景―近代日本と富士の病』『時の宙づり―生・写真・死』(共著)ほか。IZU PHOTO MUSEMで企画した増山たづ子展を2014年3月2日まで開催中。

浜 昇(はま・のぼる)
1946年東京都生まれ。75年ワークショップ東松照明教室入塾。76年自主ギャラリーPUT設立に参加。87年写真公園林設立。写真展に、77年「今日の写真展・77」(神奈川県民ギャラリー)、95年・戦後50年展「GROUND 0」(沖縄県民ギャラリー)、02年・琉球烈像展「沖縄という名」、07年「写真0年・沖縄」(以上、那覇市民ギャラリー)など。写真集に『フロムスクラッチ』(写真公園林、90年)、『VACANT LAND 1989』(photographers' gallery, 07年)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ