サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【小林よしのり】「それでもAKB48を愛する理由」
第1特集
それでもAKB48を愛する理由

『ゴー宣』小林よしのり「文春報道が真実ならば わしは河西智美を糾弾する!」

+お気に入りに追加

――すっかりAKB評論家と化したかのように見えるマンガ家・小林よしのりが、多くの批判も寄せられた『AKB48論』を描いた真意を激白。そして、40年近くの長きにわたってマンガ業界を渡り歩いてきた者としての矜持をもって、昨今のマンガ業界をぶった斬る!

1312_kobayashi_01.jpg
(写真/江森康之)

『東大一直線』【1】『おぼっちゃまくん』【2】、そして『ゴーマニズム宣言』【3】と、常に時代を揺り動かす作品を描き続けてきた小林よしのり。

 そんな彼が現在、AKB48(以下、AKB)にハマっている。ニコニコ生放送ではAKBの曲をギターで弾き語り、トークバラエティ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ)に出演してはAKBについてアツく語る。いまや「AKB文化人」となったその姿に冷たい視線を注ぐ者も多いのだが、そうした蔑視などものともせず、この9月には『ゴーマニズム宣言スペシャル AKB48論』【4】なる単行本まで上梓した――。

 戦争論、天皇論、靖国論から脱原発論までさまざまな問題に真っ向からゴーマンかましてきた彼が、なぜそのようなマンガを描いたのか? その理由、さらには自らの“マンガの在り方”について話を聞いた。

1312_kobayashi_02.jpg
『AKB48論』のなかのひとコマ。AKBに対する熱い想いがほとばしる。((c)小林よしのり)

――なぜ、今回『AKB48論』を描かれたんですか?

小林よしのり(以下、小) 4年前だから、56歳ぐらいか。シングル「RIVER」のPVを観てからAKBにハマってしまった。で、『ゴー宣』の読者である大人たちは「AKBって、ブスばっかじゃん!」と思ってるだろうな、と。そんな彼らの誤解は解かなきゃならない。「彼女たちはめちゃくちゃがんばってるんだ」ってことを伝えなくちゃいけないっていう使命感だよね。それと、わしのような世代の人間がAKBにハマるって、若いコから見たらワケわからないだろうと思ったのよ。だから、そこも説明しなくちゃならん、と。

――なるほど。大人には「彼女たちの素晴らしさを」、若者には「自分がハマった理由を」という、両方への“説明”が動機だったんですね。

 そう。特に若者だよね。わしはいずれまた、完全なるフィクションの世界に戻ろうと思ってるわけ。そうすると、若い人の感覚、子どもの感覚っていうのはわかってなきゃいかんのよ。だからしょせん、保守派の論客みたいな形でテレビに登場していても、やっぱりほかのヤツらとわしの間には大きな隔たりがあるわけ。あいつらは童心や感性そのものが摩滅した、正真正銘のオッサンでありジイさんなんだよ。だから彼らは、ポジショントークばっかりやってる。それが今の言論界。そうなると、“自分の感覚”を優先するわしとしては馴染めないんだよ。若者が多いAKBファンのほうが面白い。まぁ、AKBファンの中にもオッサンはいるけどね。

――確かに。でも、そんなAKBに対して、ご自身のブログではかなり突っ込んだことも書いてますよね? ファンから文句が来たりは?

 しんどいよ。でも、それは今までも同じだから。わしが『戦争論』【5】を描いたら、排外主義的なやつらまでもがわしのファンになってくるわけ。でも『嫌韓流』なんかが出てきたときには「排外主義だ! ふざけるな!」って言っちゃう。そうやって、寄ってきた人間を右も左も切り捨ててきた。ま、普通は商売のことを考えると、そういうことを言ってしまうのはタブーなのかもしれない。でも、わしの場合は商売であると同時に「言論」だから。読者は減っていいっていう覚悟でやってるからね。

『AKB48論』を描いた理由は、「彼女たちを誤解している者への説明」や、「若い人間に対しての自らの主張」だったと語る小林氏。多くの社会問題と戦ってきた過去のキャリアから考えれば、やはり想像しにくいことだ。そこで、これまで多くの戦いを繰り広げてきた『ゴーマニズム宣言』について聞いてみた。

――小林よしのりといえば、やはり『ゴーマニズム宣言』シリーズですが。

 わしはね、もっと自由に天下国家のことを描きたいんだよ。と同時に、マンガ表現のいろんな可能性を試したい。開始当時は、『ゴー宣』みたいなマンガは絶対初めてだったんだよ。それまでマンガっていうのは、手塚治虫とか赤塚不二夫が作ったフィクション表現の世界しかなかった。一度、石ノ森章太郎が『マンガ日本経済入門』【6】っていうので日本漫画家協会の大賞を取ったけど、あんなのクソですよ! 当時は「マンガの新しい表現だ」っていわれたけど、わしは「何も表現してないわ!」って思った。そこからわしは『ゴー宣』を始めるんだけど、進むにつれていろんな社会問題にかかわりを持っていった。「戦争とは何か」「国家ってどういうものか」「天皇ってなんだろう」って、わいてくる好奇心がいろんな枠をはみ出していったわけ。でもそれによってマンガの新しい可能性が開かれたと思うんです。

――確かに。でも、その分攻撃もされますよね。

 される。差別論をやり始めたときに、部落解放同盟の最高指導者の組坂繁之さんや小森龍邦さんと会ったんだよね。そうすると、同盟といっても一枚岩じゃないから、わしの描いたものに対して怒ってる支部があって、悶着が起きたりもする。きわどい脅迫を受ける。そこまで入っていっちゃうと、かなりのストレスだよ。でも、描ききるまでは耐えるしかないじゃない。

――『おぼっちゃまくん』でPTAと戦ったときも大変だったとか。

 いやー、PTAなんかよりも、子どものほうがずっと恐ろしいよ!

――というと?

 だって子どもにとっては、手塚治虫も小林よしのりも差がない、面白いか面白くないかだけだから。昔、「コロコロコミック」が主催して、子どもたちとマンガ家数名がバスで出かけるっていう企画があったんですよ。でも子どもたちは、その作家本人がいるのに「あの単行本、面白くないから捨てた」とか言うんだよ!

――では最後に、今のマンガ界について思うところってありますか?

 これだけは言えるのは、1本ヒットが出ると、その連載を永遠に描かされるでしょ。

――ありますね。

 そうなると、連載1回の中では全然ストーリーが進まないわけよ。手塚治虫は「16ページあればどんな濃密なストーリーでも描ける」って言ったもんだけど、今の連載作家って、内容が薄い。1話の内容が、手塚治虫の3コマくらいでしょ。話もほとんど進まない。これじゃあ途中から雑誌を読んでも内容がわからないから、新しい読者は獲得できないよ。昔のマンガは、連載ものでも途中参加ができるつくりだった。そういうマンガを描ける「力のあるマンガ家」を編集者が育ててないんだよね。今は、連載はただの発表の場、あとで単行本が売れればいいっていう発想でマンガ業界が動いてるけど、それじゃあ雑誌の部数は伸びないまま。その状況が続けば、そもそもマンガ家は描く場所がなくなる。

――そういう力のあるマンガ家は、どうしたら育つと思いますか?

 昔は、読み切りマンガが必ずあったんだよ。20ページとかでしっかり完結している作品がどの雑誌にも載ってた。でも、今はたまに読み切りが載っても、連載へのステップみたいな作品ばかり。そういうものじゃないマンガを描かせる努力が編集者に必要なんじゃないかな。マンガ業界が挑戦をしてないって思うよね。

(文/篠本634・short cut)

小林よしのり(こばやし・よしのり)
1953年、福岡県生まれ。福岡大学在学中の76年、『ああ勉強一直線』を投稿したことがきっかけでマンガ家デビュー。その後「週刊少年ジャンプ」に連載された『『東大一直線』、「月刊コロコロコミック」に連載された『おぼっちゃまくん』などが大ヒットとなる。92年から「週刊SPA!」で連載開始された『ゴーマニズム宣言』以降は、政治・思想方面の論客としても知られるようになった。

1312_kobayashi_04.jpg

【1】『東大一直線』
小林よしのり/集英社(全13巻)/現在廃刊
1976~79年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された、小林よしのりの初連載作品。東大を目指すアホ・東大通の物語。その後、小学館コロコロ文庫にて文庫化された。


1312_kobayashi_05.jpg

【2】『おぼっちゃまくん』
小林よしのり/小学館(全24巻)/現在廃刊
1986~94年に「月刊コロコロコミック」(小学館)にて連載。超お金持ち・御坊茶魔の日常を描き、アニメ化もされ大ヒットした。その後、幻冬舎文庫にて文庫化。


1312_kobayashi_06.jpg

【3】『ゴーマニズム宣言』
小林よしのり/扶桑社(全9巻)/続編が現在も連載中
1992年より「週刊SPA!」(扶桑社)にて連載開始。社会問題に切り込む“思想マンガ”として大ヒット。現在は「月刊SAPIO」(小学館)に続編が連載中。


1312_kobayashi_07.jpg

【4】『ゴーマニズム宣言スペシャル AKB48論』
小林よしのり/幻冬舎(13年)/1365円
満を持して13年9月に発売。小林よしのりが56歳からハマったAKB48の魅力について、ほとばしる情熱をぶつけた描き下ろし作品。


1312_kobayashi_08.jpg

【5】『新・ゴーマニズム宣言 SPECIAL 戦争論』
小林よしのり/幻冬舎(98〜03年)/1575円
隔週雑誌「SAPIO」(小学館)にて連載されていた『新・ゴーマニズム宣言』からスピンアウトした作品。太平洋戦争を独自の視点で考察した。シリーズ全3巻。


1312_kobayashi_09.jpg

【6】『マンガ日本経済入門』
石ノ森章太郎/日本経済新聞社(86年)/現在廃刊
『サイボーグ009』などのヒット作で知られる大御所が貿易摩擦、円高対策などについてマンガで解説。大人向けの学習マンガとして大ヒットした。その後、同じ版元にて文庫化されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ