連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「iPhone発売は日経の悲願!?」

+お気に入りに追加

「はてなブックマーク」とは?
ソーシャルブックマークサービスの最大手。ネットのトレンドや“今”話題になっていることがわかる。気になる情報を共有したり、他のユーザーが興味を持つ話題を見たりできる。iPhone/Androidでも閲覧可能。http://b.hatena.ne.jp/

──アップルの新型iPhone2種類が9月20日に発売され、わずか3日間で販売台数が900万台に達しました。販売店には大人気の大行列。今回からNTTドコモが参入しましたが、かつてはある報道機関が勇み足を踏んだことも。そんな大行列となるiPhoneの盛況とはほど遠い大型ショッピングモールも、ネットユーザーの間で大人気に。“明るい廃墟”と評されるその施設は、にぎわうはずの昼間から閑散としていて……。
【集計期間:8月16日~9月15日】

テクノロジー│2013.9.6 FRI

1311_NN2_03.jpg

■iPhone発売は日経の悲願!?
ブックマークuser数152
[タグ]iPhone、ドコモ、マスコミ
[エントリータイトル]
日経のdocomoからiPhone記事の変遷
[エントリーページURL]
http://b.hatena.ne.jp/entry/132680382

新しいiPhone「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発売され、au、ソフトバンクに加え、新たにNTTドコモでも取り扱いが始まりました。日本経済新聞はこれまで何度も「ドコモでiPhone発売」を報じましたが販売はされず、今回やっと“本当に”発売されることとなりました。「また日経か」と言われるほどになったiPhone販売に関する記事を、2011年からこつこつまとめたエントリーがあります。11年12月「来年夏にiPhone参入」から始まり、「次こそiPhone」などの見出しが並ぶ様子は壮観。13年9月11日付の“本当の”記事には「最終回」との紹介が……。

『iPhone』
発売前、アップル直営のアップルストアや一部の販売店に、新機種を求める長蛇の列ができた。もはや“祭り”状態で、メディアの取材も恒例に。ドコモ加藤薫社長は、有楽町のドコモショップに並ぶ人へ差し入れを。

『日本経済新聞』
ドコモとiPhoneに関する記事が2年前から繰り返し発表されたせいか、ネットユーザーの間では「日経がiPhoneを売ればいい」と言われたり、ドコモによる販売が決定した際に「日経の悲願が叶った」と言われたりも。

ブクマコメント
●日経のdocomo iPhone記事も3年目ww やっと実ったか!?
●意図的にデマというか嘘ニュースで盛り上げる東スポと違って、日経は悪質極まりないな……。
●社内でも意見がまとまってない…?
●よくまとめたなあ。2010年以前も何度かやってるからホントはもっとある気がする。
●もっと以前からの気がしてたがジョブズが亡くなった後あたりから始まったんだったか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』