サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 演劇関係者&ファンが観た【イケメン芝居】

――ミュージカル「テニスの王子様」に端を発したマンガ原作舞台、ジャニーズ事務所の自主公演や所属タレントの出演舞台、そして劇団EXILE等々、世に数多あるイケメン総出演系舞台、演劇に詳しい人はどう観ているのか?

【座談会参加者】
A:中規模劇場スタッフ
B:元劇団員
C:演劇ファン兼ジャニーズファン

1311_drama_04.jpg
舞台業界人からも評価の高いV6・坂本昌行。ジャニタレとしてはさほどパッとしないイメージが強いが、歌唱力と身体能力の高さでミュージカル等で活躍。生観劇でファンになる女子は多いそう。

A 演劇とか舞台って、一口に言ってもピンキリなんだけど……最近足を運んでるのってどんなところですか?

B とりあえず今上演中のものだと、蜷川幸雄さんの『ムサシ』(9月27日~10月20日)が楽しみ。藤原竜也くんが主演で、宮本武蔵の話なんだけど、10年に海外公演をやって、話題になったんだよね。藤原くんも最近はすっかり『カイジ』の人のイメージだけど(笑)、もともと蜷川さんの舞台でブレイクした(『身毒丸』に15歳で主演)から、舞台での芝居には定評がある。

C 蜷川さんでいうと、来年年明けから、KAT-TUNの上田(竜也)くんが主演舞台をやるんですよ! ジャニーズの人たちは、けっこうよく蜷川作品に出るんですよね。過去にはV6の岡田(准一)くんや、嵐・二宮(和也)くんも主演しているし、うえぽ【註:上田の愛称】が演技派としてブレイクするきっかけになってくれれば(ハート)

A 上田くん、蜷川さんの好みだったのかなぁ(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』