サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 「黒人になろう!」【グッチ裕三】が語るタブー破りの「ブラックミュージック」
第1特集
ディープに聴く!ジャンル別タブー破りの楽曲はコレだ!【3】

【グッチ裕三】黒人バンドに衝撃を受け「黒人になろう!」と決心

+お気に入りに追加

──芸能界随一のブラック・ミュージック通として知られるグッチ裕三さん。ヴォーカリスト・宮本典子さんとバンドを組んでいたという秘蔵エピソードも!

グッチ裕三[ミュージシャン/タレント]
1952年、東京生まれ。78年「ビジーフォー」を結成し六本木を中心に活動を開始。全世代対応型タレントとしてCM、ラジオ、テレビ、ライブステージなどで活動。以後、あらゆるジャンルの音楽を駆使して、ショービジネスに情熱を燃やす“本格エンターティナー”として活躍。

1308_wide_07.jpg

 バンドを始めたのは15歳。最初はバンドを始めた親友を止めに行ったんだよ。「バンドなんて不良のやるものだ! それよりプール行こう!」って。でも、いいから歌ってみろ、と言われて、歌ってみたらハマっちゃった。僕の青春期はいろいろな音楽がものすごい勢いで日本に入って来ていた頃で、GS(グループサウンズ)も大ブームだった。それが楽しくって、端から演奏してたね。特に追っかけてたのがブルーコメッツ。彼らは当時の日本のバンドの中で一番うまかったし、カバーしている曲の幅が他のGSとは段違いに広かった。全部コピーするだけで、オーティス・レディングやスティービー・ワンダーの曲も自然に覚えられたんだよ。今も僕が歌ってるライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」やプラターズの「オンリー・ユー」は高校時代から歌ってたよ。だから高校卒業して、そのままプロになれたんだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』