サイゾーpremium  > 特集2  > 関係者が語る、声優業界に参戦する一般芸能...
第2特集
声優業界の功罪【2】

関係者が語る、声優業界に参戦する一般芸能事務所の実力&声優人気ランキング

+お気に入りに追加

──こちらの記事でも指摘した通り、現在、一般の芸能事務所でも声優を抱える動きが始まっている。声優業界に食い込む代表的な芸能事務所の評価を、業界関係者の言をもとにご紹介しよう。

1307_seiyu_11.jpg
三澤紗千香

【1】ターゲットは大きなお友達ではなくお子様たち
アップフロントエージェンシー
[事務所概要と主な所属声優]
グループ内に声優育成を主眼とした「株式会社アップフロントトレンド」が存在するものの、11年に大部分のタレントが移籍。人気声優・三澤紗千香などを発掘した。

「女児向けアニメ『きらりん☆レボリューション』でモーニング娘。の久住小春を起用するなど、早いうちから声優の仕事に手をつけていたものの、オタク向けの深夜アニメでの動きは弱かった。結果、あまりうまく声優業界に足場を作ることができませんでした」(声優系ライター)


1307_seiyu_12.jpg
平野綾(上)と上坂すみれ(下)

【2】声優の見た目に関してはNo.1!?
スペースクラフト
[事務所概要と主な所属声優]
大手モデル系事務所グループ。神田うの、栗山千明らを抱えている。声優部門では人気急上昇中の上坂すみれなどが所属。

「全盛期の平野綾を売り出した事務所(現在、平野は移籍)で、売り方がすごくうまい。芸能の血が入っていながらも、それを感じさせずに昔から声優業界にいたような存在として、なじんでいる。上坂すみれなど、今後も人気声優を輩出しようという気概を感じます」(音楽レーベル関係者)


1307_seiyu_13.jpg
中島愛

【3】事務所の力なんて関係ない!?
スターダストプロモーション
[事務所概要と主な所属声優]
モデル系に強い芸能事務所だが、近年はももいろクローバーZのブレイクをきっかけに、続々とアイドルグループをデビューさせている。声優としては、中島愛が所属。

「ここはスターダストがどうということではなく、『マクロスF』でランカ・リーを演じた中島愛の人柄が良くて、とにかく現場受けが良い。同役はオーディションで獲得していて、実力もある方なので、彼女自身の力に依るところが大きい」(声優事務所マネージャー)


1307_seiyu_14.jpg
高部あい(上)と池澤春菜(下)

【4】声優の仕事にこだわりはなし!
オスカープロモーション
[事務所概要と主な所属声優]
米倉涼子、上戸彩らを輩出した「全日本国民的美少女コンテスト」を主催する。所属声優は、『ケロロ軍曹』西澤桃華役の池澤春菜や高部あいなど。

「池澤春菜以外は、モデルや女優が仕事の一環として声優もやる、という印象があります。グラビアでデビューした高部あいは、アニメ『青い花』の主役を務めたり、アクション映画に出たりと、仕事の幅が広い。事務所としては、特に声優業にこだわりはないのでは?」(アニメ誌編集)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』