サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【現役ヤクザ】映画出演のカラクリ
第1特集
破天荒な男たちが炸裂! 東映ヤクザ映画の歴史【3】

ヤクザに出演オファー!現役ヤクザが作品に出演するカラクリ

+お気に入りに追加
1303_az_08.jpg
『仁義なき戦い伝説』(宝島社)

「Vシネマに4~5本は出たかな? それでもオレは少ないほうだよ(苦笑)。オレの兄貴分なんて30本以上出てる。自分が出た作品がリリースされると、それはもう大変だよ。ビデオ屋に行っちゃあ、その作品を目立つ場所に置いたり、パッケージに勝手にサインして売りつけたり」(新宿・歌舞伎町に事務所がある某広域組織三次団体組員・30代)

 【特集1】でも触れた通り、出たがりが多いヤクザたちが、映画やVシネマに出演することはよくあったという。

「よく知られているけど、芸能界とヤクザは、ずっと昔から深い関係がある。もともと芸能の興行をヤクザたちが担ってきたんだから当然だよ。ヤクザ映画の撮影中に、ヤクザたちが撮影所に陣中見舞いに来ることも多かった。美空ひばりの後見人だった田岡一雄山口組三代目組長も、『日本の首領 完結編』(中島貞夫監督)の撮影中に、京都・太秦撮影所に顔を出していたのは有名な話。そうすると、時にはその場で『エキストラで、若い衆の方に協力していただけませんか』なんて製作側から頼むこともあったらしいね。関西でも関東でも芸能界との太いパイプを持っている親分のところの若い衆なら、出たことのない人間は皆無なんじゃないかな? だけど、仕上がった作品を現役ヤクザが見れば一目瞭然だけど、どこの組織が多く出演している……ということはない。映画関係者からすれば、ヤクザとの関係を良好に保ちたいというサービスでもあったんだろう。実録物を撮る場合、あとからクレームになることを一番嫌がるからね。ただ、監督に無理やりセリフを要求して、それがオヤジにバレて怒られた組員もいるよ(苦笑)」(実話誌記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』