サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【現役ヤクザ】映画出演のカラクリ
第1特集
破天荒な男たちが炸裂! 東映ヤクザ映画の歴史【3】

ヤクザに出演オファー!現役ヤクザが作品に出演するカラクリ

+お気に入りに追加
1303_az_08.jpg
『仁義なき戦い伝説』(宝島社)

「Vシネマに4~5本は出たかな? それでもオレは少ないほうだよ(苦笑)。オレの兄貴分なんて30本以上出てる。自分が出た作品がリリースされると、それはもう大変だよ。ビデオ屋に行っちゃあ、その作品を目立つ場所に置いたり、パッケージに勝手にサインして売りつけたり」(新宿・歌舞伎町に事務所がある某広域組織三次団体組員・30代)

 【特集1】でも触れた通り、出たがりが多いヤクザたちが、映画やVシネマに出演することはよくあったという。

「よく知られているけど、芸能界とヤクザは、ずっと昔から深い関係がある。もともと芸能の興行をヤクザたちが担ってきたんだから当然だよ。ヤクザ映画の撮影中に、ヤクザたちが撮影所に陣中見舞いに来ることも多かった。美空ひばりの後見人だった田岡一雄山口組三代目組長も、『日本の首領 完結編』(中島貞夫監督)の撮影中に、京都・太秦撮影所に顔を出していたのは有名な話。そうすると、時にはその場で『エキストラで、若い衆の方に協力していただけませんか』なんて製作側から頼むこともあったらしいね。関西でも関東でも芸能界との太いパイプを持っている親分のところの若い衆なら、出たことのない人間は皆無なんじゃないかな? だけど、仕上がった作品を現役ヤクザが見れば一目瞭然だけど、どこの組織が多く出演している……ということはない。映画関係者からすれば、ヤクザとの関係を良好に保ちたいというサービスでもあったんだろう。実録物を撮る場合、あとからクレームになることを一番嫌がるからね。ただ、監督に無理やりセリフを要求して、それがオヤジにバレて怒られた組員もいるよ(苦笑)」(実話誌記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』