サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > 時代別にわかるネット犯罪の主な手口

──1990年代後半より、日本でも広く普及したインターネット。現在では生活に欠かせないものとなっているネットだが、人が多く集まるところに裏社会の人間が参入してくるのも必然だ。黎明期より“裏社会のシノギの場”として使われたネットを、その犯罪の変遷と共に見ていこう。

1302_ILL3.jpg
(絵/師岡とおる)

[黎明期 2000年代前半]
「ネットで出会える」にダマされる人続出
2000年にフレッツADSL、01年にはYahoo!BBがサービスを開始したことで、インターネットのユーザーが急増し始める。それに伴い、ユーザーを狙う怪しい商売も勃興。出会い系や有料アダルトサイトなどが花盛りとなっていく。01年には、1日9億5000万件のドコモのメールトラフィックのうち、8億件が迷惑メールという状況で、サーバーをパンク寸前に追い込むほど猛威を振るった。

【この時代の主な手口】
■出会い系
「女性と出会える」をうたい文句にユーザーを誘導。大半は、女性会員にメールを送るたびに料金がかかるというシステムを採用し、サクラも横行した。業者は一般のIT企業を装い、業務内容を「簡単な情報処理」などと称してサクラを募集するケースもあった。

■架空請求
アダルトサイトなどで年齢認証を行っただけで、「会員登録を行った」とメッセージを表示し、高額な利用料金を求めるワンクリック詐欺などが急増。ユーザー側の認知度の低さもあり、04年頃まで増加の一途をたどった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』