サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > 時代別にわかるネット犯罪の主な手口

──1990年代後半より、日本でも広く普及したインターネット。現在では生活に欠かせないものとなっているネットだが、人が多く集まるところに裏社会の人間が参入してくるのも必然だ。黎明期より“裏社会のシノギの場”として使われたネットを、その犯罪の変遷と共に見ていこう。

1302_ILL3.jpg
(絵/師岡とおる)

[黎明期 2000年代前半]
「ネットで出会える」にダマされる人続出
2000年にフレッツADSL、01年にはYahoo!BBがサービスを開始したことで、インターネットのユーザーが急増し始める。それに伴い、ユーザーを狙う怪しい商売も勃興。出会い系や有料アダルトサイトなどが花盛りとなっていく。01年には、1日9億5000万件のドコモのメールトラフィックのうち、8億件が迷惑メールという状況で、サーバーをパンク寸前に追い込むほど猛威を振るった。

【この時代の主な手口】
■出会い系
「女性と出会える」をうたい文句にユーザーを誘導。大半は、女性会員にメールを送るたびに料金がかかるというシステムを採用し、サクラも横行した。業者は一般のIT企業を装い、業務内容を「簡単な情報処理」などと称してサクラを募集するケースもあった。

■架空請求
アダルトサイトなどで年齢認証を行っただけで、「会員登録を行った」とメッセージを表示し、高額な利用料金を求めるワンクリック詐欺などが急増。ユーザー側の認知度の低さもあり、04年頃まで増加の一途をたどった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド