サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > スパイアプリも!? ネット犯罪で進化するシノギの変遷

──いまや誰もが当たり前に利用するインターネット。しかし、そんなインターネットは、違法薬物売買や個人情報の奪取、詐欺サイトなど、裏社会の人間たちからシノギの場として活用されてきた裏面がある。ネットウォッチャーとしても知られる実業家の山本一郎氏も「(裏社会の人間は)昔からネット周りに存在していたので、特定の時期から急激に増えたという印象はない」と言うように、ネット犯罪の手口は時代に合わせて変化しているものの、いわゆるインターネット、ワールドワイドウェブの黎明期からネットや通信、ITといった世界は、裏社会と密接な関係にあった。では、裏社会の人々はどのようにITやネットを利用していったのか? ネット周りのシノギの変遷を見てみよう。

1206_majyanHP.jpg
怪しい仕事を紹介するサイトはそこかしこに存在する。

「ネット初期である1990年代後半頃に、通信を利用した手口として多かったのは、ダイヤルQ2です。偽造テレホンカードを使って、公衆電話から自分たちの運営するダイヤルQ2サービスに電話をかけっぱなしにして通信サービス料を計上するといった手口で、月に6億円以上稼いだ暴力団グループもいました」(前出・山本氏)

 ユーザーの絶対数が少なかったネット初期は、上記のようなサービスの穴を突いた手口で、企業を狙ったシノギが展開されていた。その後、99年にiモードが登場し、ネットユーザーが急速に増え始めると、ユーザーを直接狙う手法も増加。その代表が「出会い系」だ。00年代初期には、「ケータイやネットで女性と出会える」とうたい、個人相手にメッセージを有料で送れる出会い系サイトが流行した。よく知られているように、“メッセージを送れる女性”は運営企業が用意したサクラがほとんど。「こうした企業には、ヤクザがケツ持ちとしてかんでいることもあった」と、サクラ経験者は言う。また、迷惑メールに対する規制や対策が整っていなかったこの時期は、メールによる出会い系サイトへの誘導や架空請求も一般的だった。

 00年代中頃になると、SNSの隆盛で、手軽にユーザー同士が出会えるようになったこともあり、出会い系は下火に。そこで、新たなシノギとしてオンラインゲーム内のアイテムや通貨を現実のお金で取引するRMT(リアルマネートレード)の仲介や違法のオンラインカジノなどが目立ち始める。

 そして近年では、シノギの手口の複雑化と組織的運営が進行している。ジャーナリスト・溝口敦氏の著書『暴力団』(新潮新書)によれば、12年、芸能人を巻き込んで騒動を巻き起こしたペニーオークションやネットカジノも裏社会のシノギであると指摘されている。前出の山本氏は「不起訴処分になりましたが、闇金をやっていたグループがスパイウェア入りのアンドロイドアプリをばらまいて個人情報を抜く事件があったりと、確実に組織的な手口が増えています。定番の個人情報の売買も、以前は10万件単位だったのが、最近ではメールアドレスや属性データだけでなく、クレジットカード情報も込みで100万件単位で流通していたり、(被害の)桁が上がっている」と語る。ITセキュリティベンダーのマカフィーが発表したレポート「サイバー犯罪の10年間」においても、個人情報を抜き取るサイバー犯罪は00年代中期以降、増加の一途をたどっていることが報告されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』