サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > スパイアプリも!? ネット犯罪で進化するシノギの変遷

──いまや誰もが当たり前に利用するインターネット。しかし、そんなインターネットは、違法薬物売買や個人情報の奪取、詐欺サイトなど、裏社会の人間たちからシノギの場として活用されてきた裏面がある。ネットウォッチャーとしても知られる実業家の山本一郎氏も「(裏社会の人間は)昔からネット周りに存在していたので、特定の時期から急激に増えたという印象はない」と言うように、ネット犯罪の手口は時代に合わせて変化しているものの、いわゆるインターネット、ワールドワイドウェブの黎明期からネットや通信、ITといった世界は、裏社会と密接な関係にあった。では、裏社会の人々はどのようにITやネットを利用していったのか? ネット周りのシノギの変遷を見てみよう。

1206_majyanHP.jpg
怪しい仕事を紹介するサイトはそこかしこに存在する。

「ネット初期である1990年代後半頃に、通信を利用した手口として多かったのは、ダイヤルQ2です。偽造テレホンカードを使って、公衆電話から自分たちの運営するダイヤルQ2サービスに電話をかけっぱなしにして通信サービス料を計上するといった手口で、月に6億円以上稼いだ暴力団グループもいました」(前出・山本氏)

 ユーザーの絶対数が少なかったネット初期は、上記のようなサービスの穴を突いた手口で、企業を狙ったシノギが展開されていた。その後、99年にiモードが登場し、ネットユーザーが急速に増え始めると、ユーザーを直接狙う手法も増加。その代表が「出会い系」だ。00年代初期には、「ケータイやネットで女性と出会える」とうたい、個人相手にメッセージを有料で送れる出会い系サイトが流行した。よく知られているように、“メッセージを送れる女性”は運営企業が用意したサクラがほとんど。「こうした企業には、ヤクザがケツ持ちとしてかんでいることもあった」と、サクラ経験者は言う。また、迷惑メールに対する規制や対策が整っていなかったこの時期は、メールによる出会い系サイトへの誘導や架空請求も一般的だった。

 00年代中頃になると、SNSの隆盛で、手軽にユーザー同士が出会えるようになったこともあり、出会い系は下火に。そこで、新たなシノギとしてオンラインゲーム内のアイテムや通貨を現実のお金で取引するRMT(リアルマネートレード)の仲介や違法のオンラインカジノなどが目立ち始める。

 そして近年では、シノギの手口の複雑化と組織的運営が進行している。ジャーナリスト・溝口敦氏の著書『暴力団』(新潮新書)によれば、12年、芸能人を巻き込んで騒動を巻き起こしたペニーオークションやネットカジノも裏社会のシノギであると指摘されている。前出の山本氏は「不起訴処分になりましたが、闇金をやっていたグループがスパイウェア入りのアンドロイドアプリをばらまいて個人情報を抜く事件があったりと、確実に組織的な手口が増えています。定番の個人情報の売買も、以前は10万件単位だったのが、最近ではメールアドレスや属性データだけでなく、クレジットカード情報も込みで100万件単位で流通していたり、(被害の)桁が上がっている」と語る。ITセキュリティベンダーのマカフィーが発表したレポート「サイバー犯罪の10年間」においても、個人情報を抜き取るサイバー犯罪は00年代中期以降、増加の一途をたどっていることが報告されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』