サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > マンガ家【田中圭一】が推薦する3本
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

マンガ家・田中圭一が選ぶ「サイゾー」記事――他誌では書けないマンガ業界のナイーブな話

+お気に入りに追加

1212_tanakakeichi_p.jpg
田中圭一氏。

――1999年の創刊以来、芸能界から政財界、ヤクザにIT業界まで、各業界のウラ側を見てきた「サイゾー」。巷間騒がれる小誌の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい! そんな思いから、「サイゾー」を愛読している物好きな(失敬!)有名人からおなじみの識者の方々に、「サイゾー」でしか読めないオススメ記事を選んでもらいました!! 今回のキュレーターは、マンガ家の田中圭一氏。手塚治虫タッチで、下ネタの限りをつくす『神罰』が大ヒット。「サイゾー」では教えてっ真夢子おねーさんを執筆後、現在は未来からのシナン ~目指せ! アタリーマンを連載中。その後も、精力的に活動を続けていらっしゃいます。そんな田中氏に「サイゾー」でお気に入りの記事を選んでいただきました。

あの大ヒット作の担当で社員同様に働いて給料はわずか! マンガを支える「編プロ」の実態
(2012年12月号特集「タブーなマンガ」【マンガ編集者が匿名で語るマンガ業界の未来】より)

「サイゾー」の魅力は、一般誌ではなかなか踏み込めない「ここまで書くかよ!」っていうところまで記事にしてしまうところですよね。やはりマンガ家の僕としては編集プロダクションの実態に迫ったこの記事が気になりました。

 サイゾーでの前連載教えてっ真夢子おねーさん出版社には、もはやマンガ編集者なんていらない?でも取り上げたんですが、今マンガ編集者は大手の出版社の中でも優秀な編集プロダクション社員やフリーの人が中核になっているんです。そういった人々が、超人気作などを世に送り出している。一方で、業界としては大手の出版社にマンガ編集のノウハウが残らないことが問題になっています。「ダ・ヴィンチ」とか「コミックナタリー」では書けない、こういったマンガ業界のダークサイドの実情を取り上げることは、その業界を正しく見ることにつながるし、業界への一種の警告にもなるわけです。それはマンガ業界だけではなく、あらゆる業界についていえるでしょう。マンガ業界内でも編集プロダクションの話は、給料などを含めてナイーブな部分が大きいんだけれども、こうして実態を書いてくれるというのはやはり魅力だと思いますね。

『DANDY長瀬ハワイの「セクハラAV問答」』
(2011年9月号より連載)

「サイゾー」は大企業の闇とか政界の闇とか、ジャニーズ・芸能界の裏側といった社会の暗部を書いたりしていますが、まず文字量がものすごく多いですよね(笑)。最近の雑誌は、文字が少ない傾向にあるけど、その反対をいっている。文字ががっつりあって、しかもその内容もダークなことばっかりだと気が滅入っちゃうじゃないですか。そんなときにAV監督の素人女性との対談とかを読むと和むんですよね(笑)。特にこういう"俗っぽい"連載は面白いですね。ほかにも、花くまゆうさくさんのカストリ漫報とか写真を大きく扱っている写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~など、こうした箸休め的な連載記事があるとホッとします。雑誌全体のバランスとして悪くないと思います。

『徳光正行と岩井志麻子の愛のズルむけい地』
(2011年4月号まで連載)

 僕が強烈なインパクトを受けたのがこの連載ですね。何より岩井志麻子先生のキャラ立ちが素晴らしい。女性有名作家の方って西原理恵子さんしかり、みんな中におっさんが住んでますよね。韓国人の旦那さんのお話とかもしていらっしゃいますけど、若いツバメを囲うっていうところもおっさんの発想ですし(笑)。

 岩井さんの本業はホラー作家ですが、やはり実体験を元にした話というのは強烈で面白い。下ネタもホラーもそういう実体験がベースにあったほうが生生しくて笑えますね。

 あと、岩井さんは『笑っていいとも!』とか昼間の番組に出ていても、恥じらいもせずに堂々と下ネタを言うじゃないですか。僕はあっけらかんと下ネタを言う人が好きなんです。そういう意味で、僕の作品のテイストに似ている部分があるかもしれません。それこそ「サイゾー」の企画とかで対談とかしてもいいかも。

田中圭一(たなか・けいいち)
大阪府出身。学生時代に「ミスターカワード」でデビュー。大学卒業後は某玩具メーカーに就職し、転職を繰り返すが、現在も、サラリーマンとの「兼業漫画家」という肩書は変わらない。代表作に『神罰―田中圭一最低漫画全集』(イースト・プレス)、 『ドクター秩父山』、『死ぬかと思ったH』(共にアスペクト)、『セクシィ古文!』(メディアファクトリー)などがある。「サイゾー」での前連載『教えてっ!真夢子おね~さん』の単行本が近日発売予定。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』