サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 業界の裏側から徹底比較! 本当に使える【電書リーダー】

──ここでは、現在日本で発売されている電子書籍リーダーを、関連業界側の評価から比較してみた。

【チャートの内容】
マスコミ支持……各雑誌、ネット上に掲載されている記事の好意度
マイノリティ書籍……「宗教」「BL」「アダルト」など、一般書籍ではないコンテンツの販売状況
店頭販売……各家電量販店に問い合わせ、どれくらい販売されているかを判定
出版業界……各ストアに電子書籍を卸す出版社からの好意度を判定
サポートセンター……各サポートセンターに問い合わせ、その対応の良さを評価

【グーグル】
「Nexus 7」
重さ:340g/バッテリー:8時間/カラー:4c/価格:1万9800円/画面の大きさ:7インチ/wifi対応:可

1211_nexus7_g.jpg

■とにかくコンテンツがない!

 グーグルがASUSと共同で開発したタブレット端末。10月2日の発売以降、電子書籍の黒船として話題をさらっている。タブレット端末ながら、競合よりも3~4割安い1万9800円という価格も魅力的だろう。

 ここまで価格を下げることを可能にした理由は、グーグルのコンテンツサイト「グーグルプレイ」から購入することを前提としているから。しかし、日本語書籍の品揃えは圧倒的に少なく、とても実用的とは言い難い。この使いづらさについてサポートセンターに問い合わせたところ「そういった細かい部分については把握していない」という回答が。電子書籍端末として考えているユーザーにとっては、全然細かいことではないはずだが……。

【アップル】
「iPad」
重さ:652g/バッテリー:10時間/カラー:4c/価格:4万2800円~/画面の大きさ:9.7インチ/wifi対応:可

1211_ipad.jpg
1211_ipad_g.jpg

■圧倒的な売り上げで王者の貫禄

 世界で最も売れているタブレットだけに、サポートセンターに問い合わせてみても紳士的な素晴らしい対応。もちろん、売り場の占有面積も圧倒的だ。ただ、電子書籍端末としてネックとなるのは、その重さ。しかし「ソファーで読んだり、通勤電車の中で立って読む分には問題ありません。ベッドで寝転がりながら持つと、やや使いづらいですね」とサポート担当者。

 苦言を呈すとすれば、ストアのやる気のなさ。ほかの端末と同様に、専用ストアである「iBooks」を用意しているものの、日本語書籍は取り扱っておらず、当面そのつもりもないようだ。しかし、ガラパゴスストアやReader Storeなど各店がiOSに対応しているので、悠々自適に書籍を選ぶことができる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』