サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 業界の裏側から徹底比較! 本当に使える【電書リーダー】

──ここでは、現在日本で発売されている電子書籍リーダーを、関連業界側の評価から比較してみた。

【チャートの内容】
マスコミ支持……各雑誌、ネット上に掲載されている記事の好意度
マイノリティ書籍……「宗教」「BL」「アダルト」など、一般書籍ではないコンテンツの販売状況
店頭販売……各家電量販店に問い合わせ、どれくらい販売されているかを判定
出版業界……各ストアに電子書籍を卸す出版社からの好意度を判定
サポートセンター……各サポートセンターに問い合わせ、その対応の良さを評価

【グーグル】
「Nexus 7」
重さ:340g/バッテリー:8時間/カラー:4c/価格:1万9800円/画面の大きさ:7インチ/wifi対応:可

1211_nexus7_g.jpg

■とにかくコンテンツがない!

 グーグルがASUSと共同で開発したタブレット端末。10月2日の発売以降、電子書籍の黒船として話題をさらっている。タブレット端末ながら、競合よりも3~4割安い1万9800円という価格も魅力的だろう。

 ここまで価格を下げることを可能にした理由は、グーグルのコンテンツサイト「グーグルプレイ」から購入することを前提としているから。しかし、日本語書籍の品揃えは圧倒的に少なく、とても実用的とは言い難い。この使いづらさについてサポートセンターに問い合わせたところ「そういった細かい部分については把握していない」という回答が。電子書籍端末として考えているユーザーにとっては、全然細かいことではないはずだが……。

【アップル】
「iPad」
重さ:652g/バッテリー:10時間/カラー:4c/価格:4万2800円~/画面の大きさ:9.7インチ/wifi対応:可

1211_ipad.jpg
1211_ipad_g.jpg

■圧倒的な売り上げで王者の貫禄

 世界で最も売れているタブレットだけに、サポートセンターに問い合わせてみても紳士的な素晴らしい対応。もちろん、売り場の占有面積も圧倒的だ。ただ、電子書籍端末としてネックとなるのは、その重さ。しかし「ソファーで読んだり、通勤電車の中で立って読む分には問題ありません。ベッドで寝転がりながら持つと、やや使いづらいですね」とサポート担当者。

 苦言を呈すとすれば、ストアのやる気のなさ。ほかの端末と同様に、専用ストアである「iBooks」を用意しているものの、日本語書籍は取り扱っておらず、当面そのつもりもないようだ。しかし、ガラパゴスストアやReader Storeなど各店がiOSに対応しているので、悠々自適に書籍を選ぶことができる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』