サイゾーpremium  > 特集  > 日本経済は【占い】に支配されている!? 霊能力ビジネスの今
第1特集
経営者と占い師の危険な関係【1】

“洗脳用”ドラッグ使用も横行中! 日本経済を占いで支配するタブーなき霊能力ビジネス

+お気に入りに追加

──中島知子、持田香織と、占い師・霊能力者による芸能人の洗脳が話題となった。時に財産をむさぼり、社会的な生活を送ることすら不可能にしてしまう、そんな恐怖が、この“非科学的”な力には見え隠れする。しかし時すでに遅し──大手車メーカー、クレジット会社にデパート、出版……実は日本を支える大手企業たちも、占いに左右されていたようで……。

1210_uranai.jpg
『細木数子の「六星占術」あなたの運命 開運の箱 平成25年版』(ワニ文庫)

 最近、東京の繁華街にある育毛サロン大手の店舗で6人もの従業員が次々に体調不良を訴え、休業状態に陥る出来事があった。関係者が言う。

「下血、吐血、倦怠感など、症状は皆共通していました。さらに、口を揃えて『何か得体の知れないものが見えるような気がする』と言うんです」

 医師の診察を受けても、体調不良の原因は判然としない。彼らが見たという「得体の知れない何か」の正体など、もとより会社には突き止めるすべもなかった。

 とはいっても、なんらかの措置を講じなければ業務に影響し、損失は拡大する一方だ。会社はまず、経営コンサルタントに依頼して、再開に要するコスト計算を行った。病欠中の6人の手当、店舗の移転費用……。

 軽く1000万円単位の金額がはじき出されたとき、ひとつのアイデアが浮上した。

「いっそ、霊媒師に頼んでみてはどうか」

 いわゆる“除霊”を試してみることにしたのである。

 経営コンサルタントの人脈で依頼したのは、30代の若い男性。本人は霊媒師とは名乗らなかったが、“霊的な力”を使って、1部上場企業や官公庁の施設建設場所についても助言しているとの触れ込みだった。

「会社としては、お祓いだろうが除霊だろうがヒーリングだろうが、方法にはこだわっていなかったんです。ただ、極力安い金額で6人を復帰させ、事業を正常化したかった。調べてみると、『除霊は1000万円ではきかない。それだけ払ってもニセモノに当たることが多い』などという話も耳にしましたが、この男性は数十万円と安かった」(前出・関係者)

 結局、男性はおよそ2週間で6人を復帰させた。取り組みの内容は、食事の改善や栄養サプリメントの摂取など健康面の指導と、気功による癒し、店舗内の除霊に、“結界”を張るというところまで。

 もちろん、男性は医師ではなく、彼の取り組みが医療の埒外であることは明らかだった。また男性は、自身に霊的な能力が備わっていることも明言しており、結果として、この事例は“霊障(霊的な原因で起きる災いの事)”だった、と関係者は口を揃える。

 全国に数十店を展開する有名企業が、社会的には「非科学的」とされている分野の専門家に金銭を支払い、営業に関わる重要な問題の解決を委ねた事実が、ここにあるのだ……!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』