サイゾーpremium  > 特集  > 『皇室アルバム』は寿命を伸ばせるか!? ...
第1特集
絶対語れない皇室番組の"価値"【2】

『皇室アルバム』は寿命を伸ばせるか!? 今、必ず見るべき!?皇室番組レビュー

+お気に入りに追加

──ここでは、11月末に放送された各皇室番組を見てもらい、ニュース解説者の八幡和郎先生と女性芸能人ウォッチャーであり本稿執筆のアボンヌ安田氏にレビューしていただいた。

1201_yawata.jpg

八幡和郎(やわた・かずお)
1951年、滋賀県生まれ。通信産業省を経て、04年より徳島文理大学教授。政治評論家としても活動する傍ら、経済、歴史、皇室などを中心に時事解説も行っている。皇室関連の著書に、『お世継ぎ 世界の王室・日本の皇室』(文春文庫)など。


1201_yasuda.jpg

アボンヌ安田(あぼんぬ・やすだ)
1984年、神奈川県生まれ。小誌ゲイライター、女性芸能人ウォッチャー。「テレビブロス」(東京ニュース通信社)にて女性芸能人のブログから女性性を分析する『おんなブロ覗き見帖』を連載中。明け方に、美智子さまの被災地訪問を動画で観て、思わず泣いてしまったとか。


見せ方を熟知した格調高き日本最長寿番組

1201_koushitsualbum.jpg

『皇室アルバム』
放送局:TBS
制作局:毎日放送、毎日映画社
放送期間:1959年10月5日~
放送日時:毎週土曜5:30~5:45
現在のナレーション:森本栄浩(毎日放送アナウンサー)

現存する日本の番組としては民放最古のレギュラー番組。放映のきっかけは、現美智子皇后と天皇陛下のご成婚。初めて皇族・華族以外からお妃が誕生するということで、宮内庁側の"開かれた皇室"をアピールしたいという思いと、当時の"美智子さまブーム"を受けて誕生した番組だった。放映開始当時は、できるだけ皇族方の肉声を取材するなど、皇室が身近に感じられるような番組作りがされていた。また、70年までは日本生命の一社提供、80年代~03年までは高島屋の一社提供、その後、資生堂の一社提供となった。しかし、10年頃からは、TBSではドクターリセラの一社提供、制作局である毎日放送では皇潤とドクターリセラの2社提供、そして地方局ではローカルスポンサーをつける場合も。視聴率と番組の存続についてTBSの視聴者センターに問い合わせると、「何も答えられない」、TBS広報は「制作の毎日放送へ」、毎日放送は「うちではもう作ってない。昔はやってたような気がしますけどなぁ……」とたらい回しにされ、答えてはもらえなかった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』