サイゾーpremium  > 特集  > 【飯塚健】監督がアンチに反論!

──構想に3~4年の月日を費やし製作されたという実写版『荒川アンダー ザ ブリッジ』【6】。7月クールで放送されたドラマで人気を集め、コミックの売れ行きも上がり、来年2月に公開される映画にも期待が高まっている。これまで、マンガ原作の実写化が軒並み"原作レイプ"と揶揄されてきた中、特に難しい"ギャグマンガ"の実写化に挑んだ飯塚健監督に、マンガ原作映画のメリットとデメリットを教えてもらった──。

1112_iiduka.jpg
(写真/田中まこと)

──本作は、カッパの着ぐるみの村長を小栗旬、星のマスクをかぶったロック歌手を山田孝之と、かなりぶっ飛んだ配役です。これは、原作からのインスパイアなんですか?

飯塚 いいえ、最初は誰かをイメージして描いた脚本ではなかったんです。ただ、脚本を読んで、すごいキャストが集まってきてくれましたからね。結構なプレッシャーはありましたよ。裏話を話すと、ドラマは実は後付け。「映画の壮大な予告編として作ろう!」と盛り上がったのですが、制作費もスケジュールも当初の映画の範囲内に収めなければならず。正直、大変でした。ただ、原作の発売元であるスクウェア・エニックスのプロデューサーが、「ドラマの効果でコミックスの売り上げも上がった」と喜んでくれた。さらに、原作も「ヤングガンガン」誌上の人気ランキングでトップに立てました。ドラマから原作に興味を持ってくれた人も多かったようですね。実写化するからには、原作にメリットをもたらせたのはうれしいことです。映画でもそうです。制作費が億単位でかかるものですから、出してくれた企業に損はさせたくない。僕らは新しい『荒川アンダー ザ ブリッジ』を作りつつ、ビジネスでも潤いをもたらさなければなりません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』