サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 有働由美子、米国での“ヘアヌード撮影”を衝撃激白!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

有働由美子、米国での“ヘアヌード撮影”を衝撃激白! 『news zero』の苦境で「写真集発売」もある!?

+お気に入りに追加
1902_udou.jpg『ウドウロク (新潮文庫)』(新潮社)

 これはある意味、嵐の活動休止以上のインパクトだろう!

 2月9日に発売された「文藝春秋」3月号にて有働由美子の対談連載2回目のゲストに写真家の篠山紀信が登場。そこで有働が衝撃の告白をしているのだ。

 有働が篠山氏の代表作である宮沢りえのヘアヌード写真集『Santa Fe』の話題を振ったことから、話はヌード談義に突入。篠山氏から「有働さんはヌードにならないんですか?」と質問された時このことだった。

「有働は『商品にまずならないと思いますが』と恐縮しつつも、『ありですか? 49歳の女の……それは』と、まんざらでもない様子でした。そして、続けざまに2007年~10年にニューヨーク勤務時に仲良くなったイスラエル系のカメラマンに撮ってもらうことになった経緯を説明。その際、ドレスでは面白くないと理由で『脱げ』と言われ、『誰も見てないし、お前にあげるためだけの写真なんだから』との説得にその気になり、脱いだことを明かしています。もっともその後、カメラマンからの『その場でジャンプして』の指示に渋ったため、そこで撮影は終了したそうですが、彼女がヌード撮影に挑んでいたのには驚きました」(週刊誌記者)

 また、有働は対談後の追伸でも、「ヌード写真の件、ほんとは、ちょっとその気もなくはないのですが、いまだ嫁入り前なので、封印してました。でも覚悟が決まったら先生! 無理やり押しかけます!」と、かなり前のめりな発言までしている。

「有働がキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)は、視聴率4%台(ビデオリサーチ調べ、以下同)と苦戦続き。嵐が活動休止を発表して以降、初めて櫻井翔が生出演した1月28日放送回は10.7%に激増しましたが、『有働由美子ヘアヌード写真集発売』のニュースを流せば、視聴率はそれ以上に爆上げとなるでしょう」(前出・週刊誌記者)

 すでに同社の「週刊文春」が“幻のヌード写真”を入手すべくアメリカに飛んでいるかも!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報