サイゾーpremium  > 特集  > 「国家破綻論」は単なる終末思想──日本の...

──時におどろおどろしく語られる「国家破綻論」に、反射的におびえてしまうこともしばしばだ。本当に日本は破綻してしまうのか? 議論の正体を探っていくとともに、今本当に日本の財政が直面している危機と、その打開策を探る。

1105_hatanronkan.jpg
三人の識者はどう見る?
本稿登壇者の『破綻論観』早見表

 これまで見てきた通り、国家破綻を懸念する向きは多いが、実は、それが我々の生活にどんな影響を及ぼすのか、明確な説明はあまりなされていない。「株安・円安・国債安が訪れる」と語る有識者もいれば、「ハイパーインフレによる急激な物価高が起きる」とする書籍もある。また「財政赤字を補てんするために急激な増税が実施される」との声もある。しかし「破綻」とは「物事が、修復しようがないほどうまく行かなくなること。行きづまること」(小学館『大辞泉』)。極端な増税、株安・円安、インフレ・物価高は確かに困るが、それらによって本当に国家は破綻=維持・修復できなくなってしまうものなのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』