サイゾーpremium  > 特集  > テレビのタブーを破った男が激白! マツコ...

──地域局の番組ながら、マツコ・デラックスとミッツ・マングローブを見いだしたとして注目を集めた『5時に夢中!』。表現規制の観点から、メディアでの起用には難色を示されがちだったおネエタレントだが、同番組の大川プロデューサーは、二丁目出身の彼女たちの起用に何を狙っていたのか?

1101_5jinimuchu.jpg
『5時に夢中!』(TOKYO MX 毎週月曜日~金曜日17:00~18:00)

『5時に夢中!』は2005年の4月の放送開始当時から、毎週金曜日にゲストを呼んでいるんですけど、番組が始まってすぐ、ある方にドタキャンされまして(笑)。「収録は明日なのにどうすんだよ」と困っていたら、当時、司会をされていた徳光正行さんから「面白い人がいるよ」って、マツコさんを紹介してもらったんです。だから、収録当日までマツコさんにお会いしたことはなかったんですけど、話は面白いし、デカイし……当時のスタジオはすごく小さかったので、小さいところにデカイ人が入ってるのって、見た目のギャップが面白いじゃないですか。ちょうどその年の6月に、それまでコメンテーターに起用していた身長190cmくらいあるプロレスラーの高山善廣さんが降板されたので、「じゃあ代行をマツコさんにお願いしよう。面白いし、デカイし」と思ってレギュラー出演を依頼しました。それからしばらくして、民放キー局の番組にも出演されるようになって。その中で、2~3年くらい前までは、"出オチのキレキャラ"みたいにして扱われているマツコさんを見て、「これならカンニングの竹山さんと扱い方変わんねーじゃん」とか思って安心してたんですけど……最近はあちらのスタッフさんとも信頼関係が築けてきて、また、マツコさん自身もメディア慣れしてきた部分もあって、だいぶ素の表情が見られるようになってきましたよね。それまでは「自然体のマツコ・デラックスが楽しめるのは『5時に夢中!』だけ」的なところがあったので、「やべーな、俺らの存在意義……」って、ちょっとビビッてます(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』