サイゾーpremium  > 特集  > 「週刊金曜日」平井康嗣 編集長──怖いの...

 今回あらためて考えてみたんですけど、そもそも「週刊金曜日」自身がマスコミタブーの少ない出版社であることを差し引いても、最近、世の中的にタブーがなくなってきている印象があります。

1012_kinyoubi.jpg
週刊金曜日(10年9月17日号)

 例えば、「菊(皇室)と鶴(創価学会)批判はタブー」とされがちですが、取り上げる媒体は意外と多いし、そもそも「天皇制は触るだけで怖い」というのは大きな誤解。批判的な内容であれ、マジメに議論する分には抗議なんてほとんど来ないんです。

 企業批判も以前ほど怖くなくなっています。金曜日では06年に『電通の正体』『トヨタの正体』の2冊を出版して、そこそこの売り上げを記録したんですけど、それは広告に依存するほかのメディアには、当時の電通やそのトップクライアントであるトヨタを批判できなかったから。でも、今や電通は上場企業。コンプライアンスが厳しくなってきているので、「日本のCIA」ともいわれていたかつてのようには振る舞えなくなった。一方、トヨタもリーマンショック後、グループで大規模な派遣切りをし、米国で事故報道があったくらいからメディアに当たり前のように叩かれる存在になっています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報