サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第44回

日本経済が停滞する理由と助成がもたらす産業的悪影響【中編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

日本製造業の再起には助成をやめて経済を廃墟に

神保 さて、08年秋に経済が落ち込んで以来、日本政府はさまざまな景気対策を打ち出してきました。例えば雇用調整助成金、定額給付金、エコカー減税にエコポイントなどです。野口先生は、これらをどう評価しますか?

野口 それらの景気対策が、今の状況を支えていることは間違いありません。雇用調整助成金は失業率の顕在化を抑えていますし、エコカー減税とエコポイントは消費を驚くほど増やしています。自動車産業と電器産業は、ほぼこれによって支えられていると言っていい。しかしこれらは、あくまで一時しのぎの政策であり、日本経済の構造を変えるものではない。つまり延命策なのです。緊急措置として半年くらい行うならわかりますが、経済危機から1年半が経過しても続けられているのは、いかがなものか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ