サイゾーpremium  > 特集  > 有名人アカウント情報から害悪論まで、一挙...

──ツイッターブームに最も過剰に反応している業界のひとつは出版業界だ。ここでは、ビジネス誌からオヤジ系週刊誌、ファッション誌まで、雑誌がツイッターをどう取り上げたかを比較することで、その右往左往ぶりをじっくり観察してみたい。

1007_twirec.jpg
雑誌だけでなく書籍も便乗しまくり。『twitter就活』なる本まで発売されている。

 ビジネスマンから学生まで、幅広くユーザーを集めているツイッター。このホットな話題を出版業界が見逃すはずがなく、多くの雑誌が特集を組みまくり、電車の中吊りでも書店でも「ツイッター」の字が躍る、「耳タコ」ならぬ、「目タコ」状態が続いている。そんな各誌の狂奔ぶりを観察すべく本誌では、これまでにツイッター特集を組んだ雑誌を徹底的に集めてみた。ツイッターが盛り上がりを見せ始めた昨年9月~今年5月までの記事に限っても、その数、実に30本以上。ひとつずつ読むと、そのテイストは大まかに5つのタイプに分類できる。

【1】ビギナー向けの使い方指南
【2】「ツイッターこそがビジネスシーンや社会状況を変える!」という礼賛
【3】有名人アカウント紹介
【4】ツイッター害悪論
【5】その他

 では、早速この分類に沿って掲載誌を見ていこう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』