サイゾーpremium  > 特集  > 1台契約で5万円の報酬──いまだに横行す...
第1特集
ソフトバンクがもたらしたケータイ市場への功罪【2】

1台契約で5万円の報酬──いまだに横行する不正契約"寝かせ携帯"の手口

+お気に入りに追加

 ごく一部の週刊誌やニュースサイトで取り上げられた契約はされるものの、まったく使用されない寝かせケータイ。寝かせ端末を一括購入していた人物が、その販売手口について語ってくれた──。

1003_softbank.jpg
SoftBank公式HPより

 ここまで紹介したように、画期的なプランや広告戦略を次々と打ち出し、新規契約者数を伸ばしているソフトバンク。しかし、増加の一途をたどる契約者数の裏で囁かれるのが「寝かせ」ケータイと呼ばれるものが多く含まれている、という噂だった。

 そもそも「寝かせ」ケータイとは契約数にカウントされているが、使用実態がないケータイのことをいう。これまで、「週刊文春」やニュースサイト「アクセスジャーナル」で取り上げられたが(本誌09年9月号参照)、今回、「寝かせ」にかかわった人物から手口やキックバックの実態を聞いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ