サイゾーpremium  > 特集  > 1台契約で5万円の報酬──いまだに横行す...
第1特集
ソフトバンクがもたらしたケータイ市場への功罪【2】

1台契約で5万円の報酬──いまだに横行する不正契約"寝かせ携帯"の手口

+お気に入りに追加

 ごく一部の週刊誌やニュースサイトで取り上げられた契約はされるものの、まったく使用されない寝かせケータイ。寝かせ端末を一括購入していた人物が、その販売手口について語ってくれた──。

1003_softbank.jpg
SoftBank公式HPより

 ここまで紹介したように、画期的なプランや広告戦略を次々と打ち出し、新規契約者数を伸ばしているソフトバンク。しかし、増加の一途をたどる契約者数の裏で囁かれるのが「寝かせ」ケータイと呼ばれるものが多く含まれている、という噂だった。

 そもそも「寝かせ」ケータイとは契約数にカウントされているが、使用実態がないケータイのことをいう。これまで、「週刊文春」やニュースサイト「アクセスジャーナル」で取り上げられたが(本誌09年9月号参照)、今回、「寝かせ」にかかわった人物から手口やキックバックの実態を聞いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年8・9月号

衝撃のアート論

衝撃のアート論
    • タブー表現で魅せる【若手アーティスト】
    • 漢 a.k.a. GAMIとD.Oが【リヒター展】へ
    • 現代アートグッズ【転売事情】
    • 唯一無二の【B-BOY彫刻家】
    • 【ビジネス書×アート】の功罪
    • 【芸能人アート】原色使いがち問題
    • ヒップホップと【NFT】の邂逅
    • 【仏画】という芸術論
    • 今、見るべき【戦争写真集】
    • 【排除アート】と都市の美化
    • 排除アートの【アート】
    • 【Adobe】“帝国”研究

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】雪平莉左
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【雨宮純】現代怪事廻説
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【小原真史】写真時評
    • 【七瀬アリス】下着と水着の考証学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澁川祐子】味なニッポン戦後史
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【脳内パステル みさき】シラナイマチトワタシ
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報
サイゾーパブリシティ