サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 事業仕分けをめぐる民主党の目論みとメディ...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第38回

事業仕分けをめぐる民主党の目論みとメディア報道の懸隔【中編】

+お気に入りに追加

前編はこちら

官僚と記者クラブのなれ合いと仕分けの合理性

神保 メディアの報道に問題があることは、これまで何度も指摘したのであえてここでは踏み込みませんが、役人や政治家が、これまで手段の合理性について考えてこなかった原因は、何だったと思いますか?

枝野 ここ20〜30年の国家予算の決まり方に問題があったのでは、と推測します。事務レベルでの予算折衝はありますが、要求官庁が「これは下ろしません!」と頑張れば、最後は政治折衝になる。そこは密室でもあるので、最後は力のある族議員が、いかに大きな声で「この予算は必要なんだ!」と机を叩くかに尽きるのです。そして、声の大きな政治家というのは単純ですから、事業の重要性を訴えるのが一番効果的だったのでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ