サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 事業仕分けをめぐる民主党の目論みとメディ...
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第38回

事業仕分けをめぐる民主党の目論みとメディア報道の懸隔【後編】

+お気に入りに追加

前編はこちら
中編はこちら

「今の半分の予算」で日本国家はやっていける?

神保 今回の事業仕分けの仕掛け人となった構想日本の加藤秀樹さんが、05年に番組に出演した際に、「国家事業の3割程度は仕分けで廃止にできる。残った7割の事業も、無駄を省けば、3割はコストカットできる。ということは、7割×7割=49%となり、要するに国家は半分の予算でもやっていける」と語っています。

 その加藤さんが同じく「善意で予算がつけられている」「国がやるべき事業かどうかが議論されていない」とも指摘していました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ