サイゾーpremium  > 連載  > 元栃桜の「どっこい人生」  > おやじが教えてくれた「桜のごとき」金の使...
連載
各界一の型破りな元お相撲さん 高橋光弥(元栃桜)のどっこい人生 第82回

おやじが教えてくれた「桜のごとき」金の使い方

+お気に入りに追加
1001_dokkoi_ill.jpg

 世の中、不景気だの、消費が冷え込んでいるだのといった暗いニュースばかりが流れている。景気をよくするには、国民がもっとお金を使うようにならなければならないなんてが言われているが、そんなことを聞くと、俺が現役力士だった頃、師匠(おやじ)の春日野親方からこんな言葉をよく言われたことを思い出す。

「おい、おまえたち。若いくせに貯金なんぞしている人間に、ろくな者はいないんだ。相撲取りは宵越しの金なんぞは持たないんだよ。強くなって関取になれば、金はいくらでも入ってくるんだ」

 これがおやじの口癖だったな。なるほど、それはそうだ。力士は、食事から、寝るところまで、すべて相撲部屋に用意してもらえる。懐に1円も入ってなくても生きていけるのが、力士の世界なのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ