サイゾーpremium  > 特集  > マン島出身のポップアイドル界最大の黒船"...
第1特集
ニッポンを変える"一芸アリ"のオタク美女たち【4】

マン島出身のポップアイドル界最大の黒船"ベッキー"来航!

+お気に入りに追加
0912_bekky_re.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)↑画像をクリックすると拡大します

 イギリスはマン島(正確には、自治権を持つイギリス王室属国)の片田舎から来た、14歳にして自らのオタク属性を最大限に表現する英国人美少女、ベッキー・クルーエル。マンガやアニメなど、日本のオタク文化をこよなく愛する彼女が今年5月、同人ミュージシャン・太郎の名曲「男女」をBGMにダンスする動画をYouTubeにアップ。すると、"可愛いにもほどがある"と、瞬く間に日本でPV数が跳ね上がり、再生回数計330万回(10月現在)を記録した。以後、あっという間に、日本でのDVDデビューが実現したという。「まさか自分が日本で有名になれるなんて!」と興奮気味のベッキーだが、そもそも日本のオタカルチャーに興味を持ったきっかけは?

「11歳の頃、本屋さんで『フルーツバスケット』(白泉社)という日本のマンガを見つけて、ハマっちゃったの。それからテレビアニメ版の『フルバ』を観始めて、日本のアニメを観るようになったのよ。日本のマンガやアニメは、今まで私が観てきたイギリスのものとは全然違うから、本当に新鮮!!」

 その後、ベッキーの関心は次第に動画へとシフト。アニメソングや同人音楽に合わせて自らダンスする動画をYouTubeに投稿するようになる。

「女の子たちが『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディング曲『ハレ晴レユカイ』に合わせてダンスする動画をYouTubeで観て、楽しそうだから私もやってみたくなったの。でも、いざ踊ってアップロードした動画を観てみたら、恥ずかしくて死にそうだった。だってすごく下手だったんだもん! 今はダンスもバッチリ。歌には自信がなかったんだけど、やってみたら楽しかったから、歌手としても活動したいわ!」

 故郷のマン島では、アニオタは皆無。日本で有名だと言っても、友達は信じてくれないのだとか。「AKB48やBuono!、しょこたんも好き」というベッキー、"ポップアイドル界の黒船"と呼ばれる日も遠くない!?

(文/岡島紳士、遠藤麻衣)

べっきー・くるーえる
1995年6月5日、イギリス・マン島生まれ。「Beckii」「xBextahx」というハンドルネームでYouTubeに自分のダンス動画をアップし、ネット界で一躍アイドル的存在に。ダンス映像や初来日映像を収録したデビューDVD 『ディス・イズ・ベッキー・クルーエル』が12月9日に発売予定。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載