サイゾーpremium  > 特集2  > 二代目高須基二を襲名!? 肉食系ホリエモ...
第2特集
変態なのか? 男の中の男なのか?

二代目高須基二を襲名!? 肉食系ホリエモンの性欲乱舞

+お気に入りに追加

──ビジネスの世界で頂点を極めようとしていた男は、セックスにおいても、飽くなき探究心を持ち続けてきた。ホリエモンにとっての性欲とは、自らをフル稼働させるための重要な"エンジン"なのだろう。最近は、文化人的な活動が目立つ一方で、エロ方面でも大活躍中だ。そんなホリエモンに接近してきたのが、エロを極めた出版プロデューサー・高須基仁。「堀江さんには、自分に近いものを感じる」とのたまう高須が、行きつけの上野のフィリピンパブに彼を招待し、前代未聞の「スーパー・エロトーク」が展開された──

0910_horie_tobora.jpg
ホリエモンと高須基仁のスーパー肉食系・エロトークが実現
↑画像をクリックすると拡大します


 ホリエモンは、「EX大衆 」(7月号、双葉社)で人気AV女優・希志あいのを激写し、ヌードカメラマンデビューを果たした。実は、堀江氏はAVマニアとして知られ、自らのブログで絶賛した原紗央莉のAVを10万本のヒットにつなげたという実績も持っている。エロスに対する飽くなき探究心の源にあるものは何か? 高須基仁氏が堀江氏の性遍歴やセックス観に切り込んだ。まずは堀江氏が撮影したヌード写真の批評から対談がスタート!

高須(以下、) あいのちゃんの写真、すごくかわいく撮れているよ。構図がシンメトリーか7対3の黄金分割になっているね。こういう写真を撮る人は、性格がしっかりしている。それから、やさしすぎるね。全部下からあおって撮ってるでしょう。女性を礼賛する人だという証拠だね。

堀江(以下、) 確かに言われてみれば下から撮ってますね。

 映画監督で言うと、大島渚はのしかかれない。全部ローアングルで女を撮る。小津安二郎もそう。でも、今村昌平は日活出身だからのしかかるの。本当はのしかかったほうがいいんだよ。そうするとハメ撮りの雰囲気が出る。

 なるほど。「チンポ舐めろ」ぐらいの勢いでのしかかるわけですね。でも、僕は騎上位が好きなんです。

0910_kishi.jpg
[写真1]ホリエモンによる、希志あいのちゃんのヌード
写真(「EX大衆」7月号より)

 あっ、このおまんこの隠し方は......ちょっと男っぽいんじゃないか。

 ほー、分析しますね。

 手で前から股間を隠すのは二丁目の金玉の隠し方、男の写真集の撮り方ですよ。篠山紀信的ともいえる。荒木経惟は逆。尻側から手を回して股間を隠すの。......わかった、堀江貴文は男に興味があるけれども経験が薄い、乱交をやってない、と見た。どう?

 確かに乱交はしたことありません。それはハッキリ言っておきます。今、(六本木)ヒルズ住人に乱交パーティ疑惑がかかってますからね(笑)。

 ヒルズでの遊び方はのちほど聞くとして......今回は堀江さんの"ヰタ・セクスアリス(性欲生活)"を明らかにしようと思います。まず、いちばん最初に読んだエロ雑誌はなんですか?

 覚えてるのは、小学生のときに見た、主婦雑誌についてる"袋とじ新春セックス特集"みたいなのですね。あれけっこうエロいんですよ。セックスの仕方とか書いてあるんですけど、「こんなのがあるんだ」って衝撃でしたね。生々しくて、オナニーネタになった。

 私のオナニーネタは、おふくろがとってた「女性自身」のランジェリーの広告だった。当時はシュミーズって言ってたやつ。けっこう勃起したよ。私はランジェリーフェチだから。

 ランジェリーって、どういうところがいいんですか?

 ナイロンの感覚がいいんだよ。たまらないね。今、エロ本2誌でランジェリー企画を連載してるくらい好き。

 僕はランジェリーフェチはないですね。Tバック大嫌いだし。あれ、ウンチどうしてるんですか? 大丈夫なんですか?

 ついてますよ。

 やっぱり! あれ、博多祇園山笠のふんどしみたいなもんですよね。だからウォシュレットとかでちゃんと処理してないと、ついちゃうでしょうね。

 そう、黄色く染みてきちゃう。私はね、友人と出資して「ジャックダイアモンド」というランジェリーショップを経営してるんですよ。

 すごいじゃないですか。

 夫婦、不倫、女装趣味をターゲットにして、2万8000点をどわーっと並べてある。ランジェリー系統でいうと、エロ、学生風、OL風、主婦風などがある。

 主婦風ってどんなのですか?

 白ベースのシュミーズ。

 僕、肌色のランジェリーはイヤなんですよ。ヌーブラもイヤ。ヌーブラってすごいですよね。「おっぱいある子だな」......と思ってベッドでペロンって剥がしたら真っ平、みたいな。

 見てわからないの?

 最近はわかるんですけど、出始めた頃はわからなかった。服の上からだと、触ったり、谷間に手を入れてもなかなかわからない。あれは、Aカップの子がCカップくらいになりますよね。

 その実証を言っておくと、NHKのアナウンサーだった私の姪は、おっぱいがないのにヌーブラのおかげでテレビ的には「巨乳」といわれている。

 吉川ひなのの水着の写真集(『Blue Diamond』/スタイライフ刊)が去年出たじゃないですか。僕の知っている彼女とは違って、巨乳ですげえなと思った。あれはヒアルロン酸かなにか注射したのかなあ。

長続きする彼女の条件とは?

 女のあそこにはこだわりある?

 くさまんこがイヤです。

 でも、総じて臭いでしょ。

 臭くない人がたまにいるんですよ。まったくにおわない。無臭。そういう人とは長続きしますね。実際は違うと思いますけど、僕にサーフィンを教えてくれた人が「サーファーの女の子のまんこはムレるから臭い」って言ってて(笑)、サーフボードを持って歩いている子を見ると、「臭いんだろうな」と思って見てしまう僕がイヤです。

 あそこは総じて臭いよ。あそこの臭いことを古来日本ではなんと言ってたか、知ってます? 裾臭(すそが)。臭くない人がいるとしたら、きっと毛の薄い人だよな。陰毛については、どう考えてます?

 陰毛は、ボーボーはいいけど、海苔みたいなのはイヤですね。5ミリとか残すんだったら、パイパンにしろよって思う。

 確かにあれはだめだな。私がなんで最初に女優・松尾嘉代さんをヌードにしたかというと、毛が長いの。「高須くん、処理したほうがいい?」って聞いてきたから「そのままでいい」と言ったら、自分で撚ってたよ。もしゃもしゃと。女優といえばさ、「アサヒ芸能」の連載「ホリエモンの美女総研」で深田恭子のことを書いてたじゃない。あれ当たってると思う。深キョンはまさに観音顔。目が離れてて色白、ふくらはぎがダレてる。ああいう子は、みんなにヤラせてくれるんだよね。もしかして、やった?

 やってないですよ(笑)。芸能人とは、そんなにやってないです。何人かです。

 私がやった中で最高だったのは、某セクシータレントだな。私の子を産んでくれた。私は中出しが基本だから。

 僕はピルを飲んでる女の子以外、中では出さないですね。僕が中出ししたら、全部できると思う。すっごい自信あります!

 堀江さんのDNAは、今ひとりしか受け継いでないんでしょ。

 そうですね。でも、わからないです。もう一人くらいいるかもしれない。疑惑がひとつだけあるんです。高須さんは子どもは何人ですか?

 6人。母親は4人。堀江さんは何歳なの?

 36です。

 じゃ、今がんばらないと。あちらこちら、もっといっぱいつくっちゃえばいいんだよ。"ホリエモンのDNAを残す運動"っていうのをやったらいいな。「みんなで産もう、ホリエモンの子孫」。

 それはそれで楽しいかもしれないですね。

タイ、ロシア、ベルギー......どこの国が最高?

 ヒルズで働いてたときは相当遊んだの? 3Pとか乱交とか。

 だから乱交はないですって(笑)。今、話題になっている件にも、無関係。もちろん、3Pくらいはありますけど。それか海外に行ったときにお店で遊んだりとか。

 どこで遊びました?

 僕はタイが好きですね。バンコクには、きれいな人が多いですよ。あとはロシア。ロシアの女性は本当にきれいですよ。

 ロシアの女性は天使だよな。乳首が透き通ってるんだよ、乳首が。大陰唇がピンクなんだよ。日本人みたいなどどめ色じゃないの!

 そうですね。ああいうところにいると、性ってなんなんだろうって思っちゃいますね。ところで、高須さんは乱交パーティの経験があるんですか?

 三浦和義と、イヤになるくらいやったよ。某有名企業の社長や某有名弁護士、某有名女性編集者も参加してたよ。ベルギーのアントワープでは船を借り切って、レズ、ゲイ、オカマ、ノーマル50人くらい参加して全員全裸。あれはエロスの究極だったな。any変態、everythingOK! 私は初めて自分が変態じゃないと思ったよ。人間として自由になった。そこで覚えたのが飲尿だね。私が主催する新宿・ロフトプラスワンのイベントでは、いつも飲尿ショーがある。某有名週刊誌の副編集長は、喜んでステージに上がって直飲みしてますよ。

 それはすごいですね。飲尿は僕はイケないですね。

 おもちゃのトミーに勤めてたときは、なぎら健壱やテリー伊藤とよく遊んでた。テリーは、熟女好きの私とは正反対のめちゃめちゃ若い子ばっかり連れてきてたよ。私は熟女だったトミーの受付の女の子たちを呼んでたな。ライブドアでは社内恋愛はやったの? 秘書の乙部(綾子)さんとはやった?

 やるわけないじゃないですか(怒)。彼女は秘書じゃなくて広報だし、全然タイプじゃないですから! あ、でもタイプだった受付の子とはやりましたよ。

 おっ、いいじゃない。

 それがその子、僕の秘書に「今日社長とお食事に行くんです〜」みたいなことをメッセンジャーで言ったらしいんですよ。

 いやだな、このやろう(喜)。

 秘書は自粛して、美人だけども好みじゃない子を入れてたんですけど、僕が「今晩、グランドハイアットの個室を取っておいて」と頼んだら、「これだ!」って気づいて、幹部社員に「こういう場合、どうすればいいんでしょう」って相談したらしくて......。社内で、そういうメッセンジャーのやりとりがされてたらしいです。

 セックスのテクニックとかオチンチンのサイズや持続力とか、暴かれてたらイヤだよね。

 いや、なんでも大丈夫ですよ。そういうのは、気にしない。持続力はまんこの質によって違うし。

 そうそう、合うおまんこってあるんだよな。

ホリエモン二代目高須を襲名!?

 そういえば、以前、名刺交換していた、TBSの女子アナとはやった?

 やってないっすよ。あの人、年上じゃないですか。僕、年上は興味ないんで。

 女優は?

 女優は好きですね。"観音様タイプ"の正統派女優はエロい。本当に男が好きなんだなあと思う。

 今話題ののりピーは?

 のりピーは、外見としてはいい年の取り方をしてると思いますね。若いときは全然興味ありませんでしたけど、今ののりピーならやってもいい......って、偉そうに言うなって感じですけど。

 私も、今ののりピーなら面倒見てもいいと思いますよ。それで、今は恋人はいるの?

 ご想像におまかせします。

 適当につまむか、決まったのでいくか、どっち?

 両方ですね。

 私と同じだな。

0910_horie_sho.jpg

 今はダイエットのためアルコールを抜いてるんで、女遊びはしてないです。のんびりしてますよ。

 トルコは? ソープは行ったことある?

 行ったことあります。というか、25歳くらいまではよく行ってました。全国一通り行きましたよ。吉原、川崎堀之内、横浜福富町、岐阜の金津園、熊本、札幌すすきの、ちゃんと行きました。

 吉原の金瓶梅に行ったことある?

 金瓶梅はないですね。吉原はピカソには行きました。

 じゃ、今度金瓶梅に2人で行こう。私が借り切るから大丈夫。石原慎太郎が吉原移転を画策しててね、私は戦ってるんです。このあいだ角海老が摘発されたでしょ。あれもその流れ。東京都の土地を借りてる浅草ロック座も「出てけ」とやられそうになったけど、「絶対どかないぞ」という意思表示のために、私が小向美奈子のストリップを仕掛けたんです。熊本には行ったことある? 生尺感動したでしょ?

 僕はブルーシャトウの専用椅子に感動しました。

 お風呂に入る前、チンカスがついててもいきなりくわえるって熊本が最初なんだよ。

 今はそれが全国化しましたね。熊本のサービスは世界一だと思います。

 そう世界一。根性が違う。

 でも、ソープは行き過ぎて飽きちゃいました。

 それでどこに行きました?

 素人です。

 いいねえ〜。

 ところで、高須さんは半陰陽の方と経験ありますか? 知り合いの中にもいて、最近すごく惹かれるんです。

 私はニューヨークで半陰陽の写真集を撮影したことありますよ。出版しようとしたら警視庁に引っ張られてお蔵入りになったけど。誤解を恐れず言えば、半陰陽は性の究極だよ。男と女、両方の人生を生きられる。見る幸せ、見られる幸せ、サドとマゾを肉体的に体験できる。オレらは肛門の興奮はわかるけど、膣の快感はわからないじゃない? 女性はどんなにペニスバンドをつけてもおちんちんの快楽がわからない。それをひとりの人間が両方経験できるんだぜ。こんな幸せはないよ。ニューヨークのある一角にそういった人が集まるマンションがあるの。そうだ、今度ニューヨーク行こ、一緒に行こう!

 僕はもしかしたら入管で止められる可能性があるんですけど......。

 関係ないよ! なんたってプロだよ。堀江貴文はエロスのプロ。"二代目・高須基仁"を名乗っていいよ!

 二代目って......(苦笑)。

ほりえ・たかふみ(右)
1972年生まれ。福岡県出身。東京大学在学中の96年、オン・ザ・エッヂを設立。02年、ライブドアの営業権を取得し、社名もライブドアに変更。06年、証取法違反容疑で逮捕、起訴される。07年、懲役2年6カ月の実刑判決が言い渡され、東京高裁もこれを支持。現在上告中。公式ブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」

たかす・もとじ(左)
1949年生まれ。中央大学在学中の1968年、丸太を抱えて防衛庁に突入し、実刑判決を受ける。卒業後は、玩具メーカーのトミー(現・タカラトミー)に入社。その後、出版プロデューサーとして活躍。90年代には、数多くのヘアヌード写真集を手がけ、「脱がせ屋」「毛の商人」などの異名を取る。近著に『人たらしの極意』(春日出版)などがある。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那