サイゾーpremium  > 特集  > 綾小路麗夢への一方通行な初恋の思い出はも...
第1特集
"美少女狂い"な男が吠える! 俺があのコを愛する理由──海猫沢めろんが選ぶ「マイベスト美少女」

綾小路麗夢への一方通行な初恋の思い出はもはやトラウマです

+お気に入りに追加

──男なら誰でも心の中に存在しているであろう"マイベスト美少女"。そこで、小説、マンガ、映像、格闘技など各界の"美少女通"たちにご登場いただき美少女を指名! その胸に秘めた美少女への想いを、心ゆくまでぶちまけてもらった。

0910_remu.jpg
二次元で恋したれむちゃんのエロさは忘れられません

[海猫沢めろん的My Best Beautiful Girl]
綾小路麗夢(あやのこうじ・れむ)

80年代半ばに人気を博したオリジナルビデオアニメ『ドリームハンター麗夢』の主人公。他人の夢の中へ入る能力を持ち、悪夢に悩まされる人々を救う謎の少女。

 最初にハマったのが『きまぐれオレンジ☆ロード』の鮎川まどか。そのせいか、二次元萌えなんですが、好きなキャラの傾向はバラバラですね。だから正直、特定の誰かを好きになる自分が想像できない。子どもの頃好きだったのは、エロいキャラが多かった。「スーパーリアル麻雀P2」のショウ子さんとか。

 そんな中でも、あえて最高の美少女を選ぶなら、中学時代一番好きだったアニメの『ドリームハンター麗夢』の綾小路麗夢かな。ビキニアーマー姿がやたらとエロかったんです。一応、初恋なんでしょうね。25年前の作品だから、今観るとキツい部分もあるし、もはや初恋の思い出というよりトラウマって感じですけど、今でも時々「ドリームハンター麗夢」でググっちゃうくらいには好きです(笑)。

 ただ、当たり前なんだけど、当時は二次元ってコミュニケーションができなかった。『ときメモ』も『ドリクラ』も『いっしょにとれーにんぐ』もまだなかった。以前、阿佐ヶ谷郵便局の窓口でモメているDQNを見かけたんですけど、持っている手紙が「加藤ローサ様宛」だった。そのとき「そ、そうか!手紙が送れるのか!」って衝撃を受けた。返事なんて来ないかもしれないけど、それでも一応、届くんだよね、現実にいる人には。その点、アニメは究極的に一方通行の恋。中学時代、アニメの「行く」ってセリフを切り貼りして、キャラが「イクイクイク」ってしゃべるテープを作ってオナニーするしかなかった身としては、あれはうらやましかったなぁ(笑)。 

0910_umineko_2.jpg

海猫沢めろん(小説家)
うみねこざわ・めろん。1975年、大阪府生まれ兵庫県育ち。04年、『左巻キ式ラストリゾート』(パンプキンノベルズ)でデビュー。オタク→ホスト→ ヤクザ→デザイナー→小説家という自身の半生を描いた『全滅脳フューチャー!!!』(太田出版)が今月上梓された。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』