> 稲垣吾郎の検索結果

稲垣吾郎 の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

元SMAP3人「新しい地図」来年の『紅白』出場は確約済み!? “キーマン”は……

――  元SMAP3人の『NHK紅白歌合戦』出場は、来年に持ち越されたようだ。  今年は山口達也の不祥事もあって、TOKIOが落選。例年以上に深刻な“目玉不足”だったため、一部ではその1枠に「新しい地図」...

元SMAP3人「新しい地図」来年の『紅白』出場は確約済み!? “キーマン”は……
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

稲垣吾郎がキムタクのライバルに!? 独立から1年、元SMAP3人の現在地

――  芸能界には独立した者に対して1年間はあまり活動できないという、暗黙の謹慎期間のようなものがある。顕著な例が、覚醒剤など薬物で逮捕された場合である。反省の意味も含めて活動を自重、謹慎生活に入るが、1年...

稲垣吾郎がキムタクのライバルに!? 独立から1年、元SMAP3人の現在地
ニュース
ジャニーズ帝国、逆襲のウラにあるもの

元SMAPを圧力でテレビ界から締め出し!? ジャニーズ帝国の逆襲

―― 「ついにジャニーズ事務所の反撃が始まりました。2017年末頃に各テレビ局にジャニーズ事務所からスタッフが派遣され、編成など局の上層部との話し合いの場が設けられたようです。今まで静観を決め込んでいたジャ...

元SMAPを圧力でテレビ界から締め出し!? ジャニーズ帝国の逆襲
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

木村拓哉がラジオで語った“真相”にSMAPファン落胆「BGの車両エンブレムは……」

――  どうやら“あの話題”は、ファンの空騒ぎに終わったようだ。  2月9日に放送されたラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FMほか)にて、木村が語った主演ドラマ『BG~身...

木村拓哉がラジオで語った“真相”にSMAPファン落胆「BGの車両エンブレムは……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

亀梨和也の骨折で、稲垣吾郎が『FINAL CUT』されちゃう!? 関テレドラマ出演が“白紙化”の大ピンチ

――  KAT-TUNの亀梨和也が12月3日、来年1月スタートのドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)の撮影中に、左手人さし指を骨折するケガを負っていたことがわかった。

亀梨和也の骨折で、稲垣吾郎が『FINAL CUT』されちゃう!? 関テレドラマ出演が“白紙化”の大ピンチ
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

飯島三智氏反撃開始か!? 元SMAP3人を操る凄腕女マネージャーのシナリオと野望

――  マネージャー兼事務所の代表である飯島三智氏(59)が仕掛けた元SMAP3人の「72時間ホンネテレビ」は表向きには成功したが、課題はこれから。いつどういう形で地上波に進出するかである。

飯島三智氏反撃開始か!? 元SMAP3人を操る凄腕女マネージャーのシナリオと野望
ニュース
元SMAPのアベマ特番は成功か?失敗か?

キムタクが東野圭吾の原作にダメ出し!? 迷走するジャニーズ

―― ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が、アベマTVで72時間の生配信番組に出演。先に脱退した元メンバーの森且行との共演なども相まって、総視聴数が7400万超えし、ツイ...

キムタクが東野圭吾の原作にダメ出し!? 迷走するジャニーズ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

元SMAP3人組の「対ジャニーズ戦略」が見えた! 今井翼、山下智久ら“飯島派”移籍の可能性も?

――  対ジャニーズ戦略は着々と進められているようだ。  ジャニーズから独立した香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の元SMAPメンバー3人が、かつてのマネジャーである飯島三智女史が社長を務める新事務所「CULE...

元SMAP3人組の「対ジャニーズ戦略」が見えた! 今井翼、山下智久ら“飯島派”移籍の可能性も?
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

「新しい地図」に勝機はあるのか? ジャニーズvsI女史率いる元SMAPの3人の戦いが始まった

―― 「やられたら、やり返す」かつてのヒットドラマ『半沢直樹』を彷彿とさせるような戦いが芸能界に起きようとしている。9月8日に「ジャニーズ事務所」を退所した元SMAPの草彅剛(43)・稲垣吾郎(43)・香取...

「新しい地図」に勝機はあるのか? ジャニーズvsI女史率いる元SMAPの3人の戦いが始まった
第2特集
SMAP騒動の「歴史学」【4】

兄弟仲が良かった足利家とジャニー家の類似点…SMAPのデキる女性マネージャーはなぜジャニーズへの“謀反”に失敗したか?【後編】

―― 過去に起きた有名企業のお家騒動を振り返ると、同族企業の2代目と叩き上げの実力者による権力闘争の例は多々ある。『日本100大企業の系譜』(メディアファクトリー新書)などの企業研究本を多数出版する菊地浩之...

兄弟仲が良かった足利家とジャニー家の類似点…SMAPのデキる女性マネージャーはなぜジャニーズへの“謀反”に失敗したか?【後編】
第2特集
SMAP騒動の「歴史学」【3】

歴史学者から法律家まで、専門家が徹底分析! SMAPのデキる女性マネージャーはなぜジャニーズへの“謀反”に失敗したか?【前編】

―― SMAPの“育ての親”飯島三智女史が”SMAPの乱”に勝利するには、何が必要だったのか?企業統治論、企業経営史、そして歴史の専門家たちが、知恵を絞って「戦の指南書」をサジェスチョン!

歴史学者から法律家まで、専門家が徹底分析! SMAPのデキる女性マネージャーはなぜジャニーズへの“謀反”に失敗したか?【前編】
第2特集
SMAP騒動の「歴史学」【2】

ジャニーズ事務所と歴史上の「お家騒動」を徹底比較・検討! 歴史を参考にすればSMAPは解散しないですんだ!?

―― こちらの記事でジャニーズ事務所は、お家騒動ですらないと専門家に断言されてしまったが、ジャニーズ事務所のごたごたと歴史上のお家騒動を比較検討する。

ジャニーズ事務所と歴史上の「お家騒動」を徹底比較・検討! 歴史を参考にすればSMAPは解散しないですんだ!?
第2特集
SMAP騒動の「歴史学」【1】

メリー喜多川・ジャニー喜多川の姉弟は、足利尊氏・足利直義兄弟 !? “お家騒動”として眺めるSMAP騒動の歴史学

―― 「週刊文春」誌の報道をきっかけにして2016年頭からメディアを騒がせ、いまだに火がくすぶり続けているともされる一連の“SMAP騒動”。芸能界有数の大手プロ・ジャニーズ事務所のこの醜聞を、血で血を洗う“...

メリー喜多川・ジャニー喜多川の姉弟は、足利尊氏・足利直義兄弟 !? “お家騒動”として眺めるSMAP騒動の歴史学
ニュース
注目は"やっぱり"痴情のもつれ!?

ジャニー喜多川宅立てこもり事件 犯人との関係と渋谷署の恫喝

―― ――10月の誕生日で80歳となる、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長。そのジャ...

ジャニー喜多川宅立てこもり事件 犯人との関係と渋谷署の恫喝
ニュース
西川口、本日も爆音なり!

国民的アイドルからオートレーサーになった男・森且行、12年目の告白 「まだ1番じゃない。負けるわけにいかない」

―― ──1996年、森且行は突如として芸能界を引退し"爆音"の世界に消えていった。以...

国民的アイドルからオートレーサーになった男・森且行、12年目の告白 「まだ1番じゃない。負けるわけにいかない」
連載
「ジョニーの小部屋」第37回

母性本能をくすぐるダメ男・稲垣吾郎

―― 泣く子も黙る芸能界のドンであるジョニーさん(79)に、大好きな男のコのコト、いろ...

母性本能をくすぐるダメ男・稲垣吾郎
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』