サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【元SMAP】を圧力でテレビ界から締め出し!? ジャニーズ帝国の逆襲
ニュース
ジャニーズ帝国、逆襲のウラにあるもの

元SMAPを圧力でテレビ界から締め出し!? ジャニーズ帝国の逆襲

+お気に入りに追加

元SMAP3名、退所後も順風満帆?

2016年で解散したSMAP。事務所を退所した元メンバーは17年、元マネージャーの飯島三智氏によって新しく設立された事務所に所属。ジャニーズの絶対NGであったウェブで活動を展開した。当初、芸能界の掟を破り飛び出した3人に対して、風当たりが強くなると思われていたが、さまざまな場所で話題を呼び、成果を上げている。


1804_97790035_300.jpg
首の皮一枚でつながっている……といった状態のゴローちゃん。そういえば、『72~』で宣言していた婚活はどうなった!?

「ついにジャニーズ事務所の反撃が始まりました。2017年末頃に各テレビ局にジャニーズ事務所からスタッフが派遣され、編成など局の上層部との話し合いの場が設けられたようです。今まで静観を決め込んでいたジャニーズでしたが、17年9月に退社した元SMAP3人を、その後どれだけ放送で扱ってきたのか――『おたくの局では、あの番組とあの番組で誰を使って』というデータをもって話に来たそうです。もちろん、『今後あの3人を使うな』と直接言ってきたわけではないようですが、話を聞いてる側もテレビ局の業界人。当然、ジャニーズ事務所側のそうした行為が、何を意味しているのかはわかりますよね」(芸能関係者)

 この3月で元SMAPの香取慎吾(41)のレギュラー番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、草彅剛(43)の『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)が相次いで打ち切られる。民放地上波で残すところは、稲垣吾郎(44)がMCを務める『ゴロウ・デラックス』(TBS系)のみとなった。ただ、その『ゴロウ・デラックス』も、現在終了に向かった話が進んでいるという。

「局ごとに、打ち切りになった事情は違うようです。『「ぷっ」すま』は20周年という節目で綺麗な形で終わろうという体で、ジャニーズ事務所への忖度を示したといわれています。また、『おじゃMAP!!』は、インターネット動画配信サイト・AbemaTVで配信した『72時間ホンネテレビ』が影響しているという話です。実は『おじゃMAP!!』のスタッフの多くが『72時間ホンネテレビ』の制作にも参加していたために、その報復として打ち切られたのではという噂もあります。もちろん、番組はいつかは終わるものですが、こう続いた背景には、誰もがジャニーズ事務所の影響があったと思いますよね」(テレビ局関係者A氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』