> 本屋大賞の検索結果

本屋大賞 の検索結果

ニュース
海堂尊が挙げた本屋大賞"神7"とは……?

書店組織票で決定! 作家も苦言を呈す『本屋大賞』の出来レース

―― 出版界の春の恒例となった本屋大賞が、今年も開催された。8日の授賞式では、昨年大賞をとった百田尚樹が冒頭から「去年も言いましたが、本屋大賞は直木賞の次にいい賞です!」と、昨年とは真逆の、直木賞への意欲を...

書店組織票で決定! 作家も苦言を呈す『本屋大賞』の出来レース
ニュース
文壇ゴシップ座談会!

本屋大賞受賞作発表!文壇では湊かなえと有川浩が覇権争い!?

―― 【文芸関係者による文壇ゴシップ座談会】4月9日、2013年本屋大賞の受賞作が発表となった。一次投票が12年11月1日から13年1月6日までに行われ、全国463書店598人が投票。その後の二次投票では、...

本屋大賞受賞作発表!文壇では湊かなえと有川浩が覇権争い!?
第1特集
阿鼻叫喚の出版営業座談会

アマゾンが最大タブーに侵食中! 阿鼻叫喚の出版営業座談会

―― 各出版社や書店などが知恵を絞って生き残りをかけている出版業界。売る現場で主役になるのは、出版社の営業担当者だ。今回は、彼らに集まってもらい、ビジネスとしての出版業界の裏話や、営業目線で最近話題の本など...

アマゾンが最大タブーに侵食中! 阿鼻叫喚の出版営業座談会
ニュース
"女帝"の本屋大賞辞退の真相がここに!

有川浩の退陣と角川の"寝技"で今年の本屋大賞は『ジェノサイド』が優勢に?

―― 『ジェノサイド』(角川書店)。  1月23日、第9回本屋大賞の一次投票を通過した...

有川浩の退陣と角川の
第2特集
老舗文学賞の失墜と本屋大賞の功罪【6】

「このミス大賞」が本当にオモロい? 市場に影響力がある文学賞はどれだ!!

―― ──老舗文学賞でもなかなか売り上げにつながらない今、文学賞の勢力図はどうなってい...

「このミス大賞」が本当にオモロい? 市場に影響力がある文学賞はどれだ!!
第2特集
老舗文学賞の失墜と本屋大賞の功罪【5】

辛口書評家・豊﨑由美が語る「文学賞は、バカを書店に連れてくるためにある!」

―― 豊﨑由美氏と大森望氏の共著『文学賞メッタ斬り!〈2008年版〉たいへんよくできま...

辛口書評家・豊﨑由美が語る「文学賞は、バカを書店に連れてくるためにある!」
第2特集
老舗文学賞の失墜と本屋大賞の功罪【4】

直木賞落選でホッとした? 山本周五郎賞作家・岩井志麻子大先生に聞く文学賞の価値

―― ──連載「愛のズルむけい地」で、本誌読者にはおなじみの岩井志麻子大先生。奇想天外...

直木賞落選でホッとした? 山本周五郎賞作家・岩井志麻子大先生に聞く文学賞の価値
第2特集
老舗文学賞の失墜と本屋大賞の功罪【3】

本屋大賞実行委員に直撃! 本屋大賞創立の目的は「とにかく本を売ること」?

―― 本屋大賞実行委委員会が年3回出しているフリーペーパーの『LOVE書店!!』と、『...

本屋大賞実行委員に直撃! 本屋大賞創立の目的は「とにかく本を売ること」?
第2特集
老舗文学賞の失墜と本屋大賞の功罪【2】

売り上げ部数では、芥川・直木賞を圧倒! 不満が漏れる「本屋大賞」の実態とは!?

―― ──2004年に産声を上げて以来、その受賞作が軒並み30万部以上のヒット作となっ...

売り上げ部数では、芥川・直木賞を圧倒! 不満が漏れる「本屋大賞」の実態とは!?
第2特集
老舗文学賞の失墜と本屋大賞の功罪【1】

出版業界の新タブー!? 直木賞、芥川賞、本屋大賞......文学賞に異議あり!

―― ──ここ数年、直木賞などの結果や内容に対して、不満の声が大きくなってきている。そ...

出版業界の新タブー!? 直木賞、芥川賞、本屋大賞......文学賞に異議あり!
サイゾープレミア

2018年6月号

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

連載