> 徳洲会の検索結果

徳洲会 の検索結果

ニュース
首相の支持率もいよいよ地に落ちる!?

安倍首相が見限った猪瀬直樹辞任のウラ側と経産官僚(秘)事件簿

――  12月6日の特定秘密保護法の採決や、19日の猪瀬直樹・前東京都知事の辞任【1】などで、この年末は大忙しでしたね。徳洲会にまつわる猪瀬氏の一連の騒動は、まさに怒濤の展開でした。当初はノラリクラリと追及...

安倍首相が見限った猪瀬直樹辞任のウラ側と経産官僚(秘)事件簿
第1特集
幸福の科学現場会員匿名座談会

幸福実現党、議席獲得の"秘策"と「幸福の科学」現場会員の叫び

――  宗教団体本部、さらには彼らが支持表明する政治団体の主張は、多くの機関誌で目にすることができる。だが、団体を支える現場会員の生の声は、なかなか耳に入らない─―。そんな中、「創価学会」会員をはじめ、多く...

幸福実現党、議席獲得の
ニュース
永田町の注目を集める猪瀬の去就

猪瀬辞任で幕を引く 特捜部VS赤レンガ派と徳洲会疑獄の落とし所

――  民間最大手の病院グループ「徳洲会」の激震が止まらない。2013年1月、不正経理の疑いで徳洲会の事務総長を解任された"徳田虎雄【1】の金庫番"こと能宗克行が12年12月の衆院選で、報酬と引き換えに病院...

猪瀬辞任で幕を引く 特捜部VS赤レンガ派と徳洲会疑獄の落とし所
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「選挙違反は以前からあった…」徳洲会グループの潤沢な資金源とその手口を告発!

――  医療法人徳洲会グループの公職選挙法違反事件で、親族らが逮捕された自民党の徳田毅衆院議員が、11月13日に離党届けを提出。14日に受理された。  徳田議員は徳洲会グループの徳田虎雄前理事長の次男で、...

「選挙違反は以前からあった…」徳洲会グループの潤沢な資金源とその手口を告発!
ニュース
石原慎太郎や鳩山、菅にも億単位の資金が?

「文春」vs「新潮」を使った代理戦争へ突入! 徳洲会スクープの裏側

――  民間最大手の病院グループ・徳洲会に激震が走っている。今年2月に「週刊新潮」(新潮社)が徳洲会グループ代表にして創業者である徳田虎雄氏の次男・徳田毅衆議院議員の「慰謝料1000万円の『未成年女性』泥酔...

「文春」vs「新潮」を使った代理戦争へ突入! 徳洲会スクープの裏側
第2特集
現代医療とビジネス【5】

地域医療崩壊の元凶は厚労省!? モンスター患者に疲労困憊の医師座談会

――  ここまでは、医療業界に渦巻く金や利権の構図を見てきたが、では実際に現場で働くお医者さんたちは、どう感じているのか? ここではさまざまな立場の医師に集まってもらい、金や医者、患者について聞いてみた!

地域医療崩壊の元凶は厚労省!? モンスター患者に疲労困憊の医師座談会
第2特集
【プレミア限定ロングver.】現代医療とビジネス【3】

年収6000万円の産婦人科医も? 高収入も意味がない過酷な労働環境

――  2004年に起きた「福島県立大野病院産科医逮捕事件」以降、医療業界で最も人手不足が叫ばれているのが、産婦人科界だ。しかし、出産に限らず、昨今需要が高まっている不妊症治療など、ほかの科に比べて自由診療...

年収6000万円の産婦人科医も? 高収入も意味がない過酷な労働環境
第2特集
現代医療とビジネス【2】

医科歯科大の医者は東大・慶大が大嫌い!? これがジッツと系列病院のカンケイだ!

―― ――関東・東海・関西の三大地区に君臨する有名大学と、その大学が人事権(ジッツ)を持つ系列大学をまとめて眺めてみよう!

医科歯科大の医者は東大・慶大が大嫌い!? これがジッツと系列病院のカンケイだ!
第2特集
【無料試し読み!】現代医療とビジネス【1】

利権追求ばかりで患者は置いてけぼり!? 「病院経営」から見た現代医療のウラ側

―― ──学閥に基づく人事権支配、利権の拡大と医療費抑制にしか興味がない厚労省、製薬会社の思惑と薬使用の実態、そして自由診療で問題が噴出する不妊症治療のウラ側──。ニッポンの大病院が抱える”病巣”をえぐる!

利権追求ばかりで患者は置いてけぼり!? 「病院経営」から見た現代医療のウラ側
第1特集
マンガになった有名企業のトップたち【2】

素晴らしき人生と苦難にハラハラドキドキ!? 大川総裁が厳選「この経営者マンガがスゴイ!」

―― ──数ある経営者マンガの中でも、とにかくぶっ飛んだものをピックアップし、勝手に採...

素晴らしき人生と苦難にハラハラドキドキ!? 大川総裁が厳選「この経営者マンガがスゴイ!」
第1特集
臓器売買"一兆円市場"の闇【1】

主戦場はフィリピンから中国へ移動──臓器売買ブローカーは本当に儲かるのか?

―― ──6月末、日本国内で久しぶりに、不正な臓器移植事件が発覚した。暴力団関係者の仲...

主戦場はフィリピンから中国へ移動──臓器売買ブローカーは本当に儲かるのか?
サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」