サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 「文春」「新潮」の代理戦争へ!【徳洲会】スクープの裏
ニュース
石原慎太郎や鳩山、菅にも億単位の資金が?

「文春」vs「新潮」を使った代理戦争へ突入! 徳洲会スクープの裏側

+お気に入りに追加

「週刊新潮」の徳洲会報道

一連の徳洲会病院報道の発端は「週刊新潮」13年2月14日号で「徳田毅代議士が慰謝料1000万円の『未成年女性』泥酔姦淫」とスクープしたこと。同報道ではリードを続ける「新潮」だが、告発者の元事務総長と「週刊新潮」関係者のベッタリな関係を「週刊文春」が明らかにしており、告発合戦の火蓋が切って落とされた。

1312_torao.jpg
『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』(小学館)

 民間最大手の病院グループ・徳洲会に激震が走っている。

 今年2月に「週刊新潮」(新潮社)が徳洲会グループ代表にして創業者である徳田虎雄氏の次男・徳田毅衆議院議員の「慰謝料1000万円の『未成年女性』泥酔姦淫」事件を報じ、毅氏は国土交通・復興政務官を辞任。9月17日には、産経新聞が「徳田議員陣営に公選法違反の疑い 徳洲会、衆院選で職員派遣、対価支給」と公職選挙法違反(運動員買収)の疑いをスクープ【1】している。

 こうした中、東京地検特捜部は強制捜査に着手。家宅捜索は運動員としてスタッフを派遣していた系列病院へと次々に及び、10月8日、虎雄氏は混乱の責任を取り、徳洲会の理事長職を含むグループ6法人・組合すべての代表の退任を表明する事態となったのだ。

「20日の臨時理事会で虎雄氏の後任に鈴木隆夫副理事長が選ばれましたが、鈴木氏は虎雄氏に近く、虎雄氏は院政を敷いた格好です。今後の注目は東京地検特捜部の捜査が政界との関係にどこまで切り込むか。大阪地検による証拠ねつ造事件などの検察批判で、しばらく強制捜査に及び腰だった東京地検特捜部も今回はイケイケです。というのも、徳洲会の金庫番が捜査に協力的、というよりも積極的なリークをしているからです」(新聞記者)

 徳洲会の"金庫番"とされるのは、かねてからの虎雄氏の「腹心中の腹心」能宗克行元事務総長。実は、一連の激震のきっかけはこの能宗氏が今年1月、不正経理を理由に徳洲会から懲戒解雇されたことだ。

MEMO『徳洲会グループ』
280以上の医療施設を展開する国内最大級の医療グループ。「生命だけは平等だ」を経営理念とし、「年中無休・24時間オープン」と離島・へき地、救急医療を積極展開している。

「元事務総長は解雇理由となった事実を否定し、自らが虎雄氏の指示の下、手足となって動いた事実関係とその正当性を記した83ページに及ぶ『告発文』を徳洲会内部の懲罰委員会に提出するとともに、告発を決意し、東京地検特捜部へも一連の資料を提出。これにより7月に就任した山上秀明特捜部長が公職選挙法違反として立件することを決め、東京地検特捜部が動き出したのです。さらに、元事務総長は、徳田ファミリーによる徳洲会支配の実態について、次々と関係の深い『週刊新潮』関係者、産経新聞記者などにリークした。これを追った各紙が次々とスクープを出し、ほかのマスコミ関係者にも元事務総長の『反論書』という名の“告発文”が出回り、各社で取材チームが動きだした」(週刊誌記者)

石原慎太郎や鳩山、菅にも億単位の資金が?

 これまでも徳洲会にはキナ臭い噂がチラホラあった。グループを一代で築き上げた虎雄氏は医療制度改革を掲げて、政界進出。金権丸出しの選挙活動【2】を行ったことでも知られている。

「有力政治家では石原慎太郎や亀井静香と近く、90年代には、『石原新党』立ち上げの噂が出るたびに、その仕掛け人・スポンサーとして虎雄氏の名前が挙がったほどです。だが、05年に虎雄氏は全身の筋肉が失われていく難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、政界を引退。地盤は毅氏が引き継いだことで世代交代となり、一方で、徳洲会関係を追いかける記者は、ほぼいなくなっていた。しかし、元事務総長の”告発文”はこれまでの噂を裏付けるような内容が満載だった」(前出・新聞記者)

 今回、本誌も事務総長の"告発文"を入手。"告発文"には毅氏の「『未成年女性』泥酔姦淫」、旧自由連合の「借入債務約77億円放置」といった、報道された徳洲会がかかわる事件の内容や、病院用地取得や選挙対策をめぐる暴力団関係者とのやりとり、政治家への政界工作についても事細かに記述されているのだ。

 なかでも注目は、石原慎太郎、亀井静香、鳩山由紀夫、菅直人といった名前が出てくる政界工作だ。

〈当時政治関係は私に一任されていた。場合によっては候補者まで私が選んでいた。当然色々なカネが動く。石原慎太郎さんにも億単位のカネがいっている〉〈過去、亀井先生が尽力して実現した主なものとしては亀井運輸大臣当時の平成6年大阪=徳之島直行便就航(徳田理事長平成8年落選後平成9年に廃航)〉

〈旧民主党を立ち上げる時に、鳩山由紀夫氏や菅直人氏に億単位の現金を提供した。かき集めた資金の中には税金から拠出された政党助成金が含まれており、他から現金を持ってきて穴埋めした〉(すべて原文ママ)

 …… ほかにも15億円の民主党への工作資金など不透明なカネの動きが明らかにされるなど、今後、元事務総長のリークをもとに、東京地検特捜部がどこまで追及できるかに注目だ。

 一方で、雑誌メディア上では、リーク丸乗りの代理戦争が始まりつつある。「週刊新潮」は徳洲会報道をリードし続けているが、そのスタンスは「虎雄氏が病気になって以来、娘たち徳田ファミリーが、年間1億円以上の役員報酬を取り、関連会社所有の都心の高級マンションなどに住み、徳洲会を私物化している。今回の件は彼らの意に添わない古参の幹部を排除するための解雇だ」と主張する元事務総長の立場そのものだ。10月3日号では「徳洲会にパラサイトして豪奢な生活『徳田ファミリー』」と題した娘2人の張り込み写真入り記事で徳田ファミリーによる徳洲会の私物化を報じている。

 これに対し、『週刊文春』は徳田ファミリー側に立ち、私物化をしたのは元事務総長のほうだと、翌週の10月10日号で「徳洲会マネー 100億円を貪る『わるいやつら』 週刊新潮OBも!」という記事を掲載。〈事務総長は病的なギャンブル好きで、万馬券が当たれば豪遊。家賃100万円近い港区のマンションに住んでいた。虎雄氏が病気になって以来、自由連合を私物化して巨額の横領をした。約27億円の使途不明金は事務総長が勝手に引き出したものだ〉〈事務総長に近く亀井静香氏との仲もつないだ『週刊新潮』関係者も船橋市に豪邸を、千代田区にも新築高級マンションを購入している〉と返した。

「当初は元事務総長側のリークによる徳洲会報道がリードしていましたが、徳田ファミリー側も元事務総長バッシングに動き出しています。10月末には、徳洲会側が元事務総長を刑事告訴し、警視庁が受理。業務上横領容疑で自宅など数カ所を家宅捜索するなど、告発合戦になりつつある。しばらく、徳田ファミリー対元事務総長の泥仕合が展開されそうです」(前出・週刊誌記者)

 結局は、虎雄氏が作り出した徳洲会マネーに群がった元側近と徳田ファミリーどちらにつけるクスリもなさそうだ。

(松井克明)

【1】疑いをスクープ
産経新聞は2月5日に、「旧自由連合 負債77億円未返済 清算手続きせず2年放置」という記事で、2010年に解散した徳田虎雄氏の自由連合の借入債務放置問題を報じるなど、「週刊新潮」とともに徳洲会報道をリードした。

9月17日には、産経新聞が「徳田議員陣営に公選法違反の疑い 徳洲会、衆院選で職員派遣、対価支給」とスクープ。

昨年12月の総選挙で全国の病院から職員や看護師ら少なくとも370人を派遣・選挙運動をさせ、派遣期間中の給与、日当など選挙運動の対価を支給していた疑いを明らかにした。
特捜部と告発者の元事務総長をつないだとされる元司法記者は、司法クラブのキャップに返り咲いたという。

【2】金権丸出しの選挙活動
徳田虎雄氏はワンマン政党・自由連合代表として立候補(83年、 初当選は90年)。選挙区ではライバルの保岡興治元法相と激しい選挙戦「保徳戦争」を繰り広げ、金権丸出しの選挙活動を行った。虎雄氏引退後、その地盤を引き継いだ毅氏は、その後、自民党に入党。昨年12月の総選挙で三選を果たし、第2次安倍内閣の国土交通省政務官に起用された。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ