> 小室哲哉の検索結果

小室哲哉 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

NEWSの小山慶一郎のスキャンダルにテレビはダンマリ…ワイドショーから芸能ニュースが消える日

――  昨年来、ワイドショーは「バブル到来」と言われている。貴乃花親方と相撲協会を巡るバトルを皮切りに政界では「森友」「加計」問題。今年も日大アメフト部の悪質タックル事件。紀州のドンファン怪死事件に北朝鮮問...

NEWSの小山慶一郎のスキャンダルにテレビはダンマリ…ワイドショーから芸能ニュースが消える日
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

小室哲哉の介護・不倫疑惑の続報にもテレビは総スルー!芸能とメディアの微妙な力学

――  今年1月、「週刊文春」で音楽プロデューサー・小室哲哉(59)と看護師A子の不倫疑惑が報じられた。そこには2011年にくも膜下出血を発症した妻・KEIKO(45)の介護中にも関わらず、不倫する夫という...

小室哲哉の介護・不倫疑惑の続報にもテレビは総スルー!芸能とメディアの微妙な力学
ニュース
不倫報道の在り方は変わるのか?

不倫で引退の小室と独立・不倫告白をした小泉の“ギャップ”とは?

―― 2017年から引き続き、今年も芸能界では不倫騒動が花盛りだ。看護師女性との不倫疑惑を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた小室哲哉は、男女関係を否定しつつも引退を発表、世間から同情の声が噴出した。一方で...

不倫で引退の小室と独立・不倫告白をした小泉の“ギャップ”とは?
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

仕事復帰で早くも共演実現!? 小室哲哉にとってかなりおいしい華原朋美の電撃復帰

――  トラブル続きで2007年に所属事務所から契約解除され芸能活動を休止していた歌手・華原朋美が契約を解除された芸能プロ「プロダクション尾木」と再契約し、5年ぶりに復帰することを24日付けの各スポーツ紙が...

仕事復帰で早くも共演実現!? 小室哲哉にとってかなりおいしい華原朋美の電撃復帰
第1特集
トラブル多発のお蔵入り本【2】

「月刊サイゾー」のご意見番(笑)高須基仁氏も参戦で徹底分析! やがて悲しきお蔵入り本列伝

―― ひとくちに「お蔵入り本」といっても、そのパターンはさまざま。そこで、その代表例を4パターンに分類・分析。浅田真央ちゃんはなぜ泣いたのか? 小室哲哉はなぜ怒ったのか? これを読めばすべてがわかる!!

「月刊サイゾー」のご意見番(笑)高須基仁氏も参戦で徹底分析! やがて悲しきお蔵入り本列伝
第1特集
トラブル多発のお蔵入り本【1】

わがままタレントと編集者の仁義なき闘いの行方は!? 「発禁本」で泣いた浅田真央ちゃんの”真意”

―― 今年2月8日にポプラ社から発売予定だった浅田真央の『大丈夫、きっと明日はできる』が発売中止になったことは記憶に新しい。人知れずひっそりと出版されずに終わっていく「お蔵入り本」はなぜ発生してしまうのか?

わがままタレントと編集者の仁義なき闘いの行方は!? 「発禁本」で泣いた浅田真央ちゃんの”真意”
連載
コッソリ教えて!! ギョーカイ(秘)座談会 第2回

NHK・石原真プロデューサーとの癒着発覚!?エイベックスと組んだAKB48と音楽業界の行方

―― まったくCDが売れずに四苦八苦している音楽産業にあって、好調を維持するAKB48とその関連グループ。ランキングや売り上げ、テレビ番組への露出をほぼ独占しているAKB48頼みの現状を、業界の人たちはどう...

NHK・石原真プロデューサーとの癒着発覚!?エイベックスと組んだAKB48と音楽業界の行方
ニュース
"独断と偏見で選ぶネタ的カルチャー企画"CCCCC

【タレントゲームの真の楽しみ方】──芸能人を扱ったゲームの魅力を再発見する!

―― ──一般的に「クソゲー」と呼ばれることの多いタレントゲームを、少し着眼点を変えて...

【タレントゲームの真の楽しみ方】──芸能人を扱ったゲームの魅力を再発見する!
連載
念力事報 第7回

小室哲哉逮捕から1カ月が経過 コムロファミリーの諸行無常

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ 笹公人(歌) 1975年7月8日、...

小室哲哉逮捕から1カ月が経過 コムロファミリーの諸行無常
ニュース
エイベックスの重鎮も訝しがる

泥沼訴訟で「6億円払え」小室哲哉に未来はあるか?

―― 4日──小室は、全盛期には4日に1曲つくる、多忙な日々を送っていたという 泥沼訴...

泥沼訴訟で「6億円払え」小室哲哉に未来はあるか?
ニュース
TKが本当に語りたかったアノ話

"生と死""貧乏"を綴った小室哲哉の自伝がお蔵入り!

―― 1億7000万枚──小室哲哉がプロデュースした、シングル・アルバムの総売上枚数 ...

サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』