> とんねるずの検索結果

とんねるず の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

とんねるず・木梨憲武が『ウチのガヤ』出演! “日テレ出禁”が解けたワケとは?

――  なんらかの手打ちがなされたのか!?  4月10日放送の『ウチのガヤがすみません!』に、とんねるずの木梨憲武が登場したことで、「ついに“出禁”が解かれたのか!」と業界関係者から驚きの声が上がっている...

とんねるず・木梨憲武が『ウチのガヤ』出演! “日テレ出禁”が解けたワケとは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

とんねるずが「野猿」を引き抜き、制作会社を立ち上げへ!?

――  1988年から約30年続いた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が、3月22日に幕を下ろした。

とんねるずが「野猿」を引き抜き、制作会社を立ち上げへ!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

難航する『24時間マラソン』にとんねるずが名乗り!? “出禁”日テレとの雪解け目的で……

――  日本テレビ系で放送される夏の風物詩『24時間テレビ』。その目玉である「チャリティマラソン」のランナー選考が今年も難航しているという。

難航する『24時間マラソン』にとんねるずが名乗り!? “出禁”日テレとの雪解け目的で……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

木梨憲武が水谷豊ルートで『相棒』にコネ出演を画策!?「もう友だちに寄生するしかない……」

――  芸能界で生き残れるか、今年は正念場となりそうだ。  長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月末で打ち切りとなったとんねるずが、苦境に立たされている。

木梨憲武が水谷豊ルートで『相棒』にコネ出演を画策!?「もう友だちに寄生するしかない……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『みなおか』終了のとんねるず、平成生まれが知らない偉大すぎる功績

――  前身の『とんねるずのみなさんのおかげです』から30年以上続いた、とんねるずの冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が来年3月で終了することが、7日の同番組内で発表された。

『みなおか』終了のとんねるず、平成生まれが知らない偉大すぎる功績
ニュース
芸能人の不倫以外の話題を総ざらい

藤島ジュリー景子、アベマ企画で大激怒! 芸能記者匿名座談会

―― 政治家のみならず、芸能界でも不倫が話題となった2017年。雨上がり決死隊の宮迫博之、俳優の田中哲司(妻は仲間由紀恵)、RIP SLYMEのSU(妻は大塚愛)、Hi-STANDARDの横山健(お相手はマ...

藤島ジュリー景子、アベマ企画で大激怒! 芸能記者匿名座談会
ニュース
【premium限定ニュース】

フジテレビに抗議の電話が殺到で……とんねるず・石橋貴明、西内まりやへの公開セクハラで冠番組終了!?

―― 10月15日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、とんねるずの石橋貴明が女優で歌手の西内まりやにセクハラ行為を連発したが、それが問題視され、番組の存続危機に陥っていると...

フジテレビに抗議の電話が殺到で……とんねるず・石橋貴明、西内まりやへの公開セクハラで冠番組終了!?
ニュース
【premium限定ニュース】

2人の“家計”は大丈夫? ついに打ち切り危機が報じられたとんねるずの冠番組と打ち切りの余波

―― 10日付の「東京スポーツ」がお笑いコンビ・とんねるずのコンビ唯一のレギュラー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が9月末にも終了する予定で、それに伴ってコンビは解散。さらに、メン...

2人の“家計”は大丈夫? ついに打ち切り危機が報じられたとんねるずの冠番組と打ち切りの余波
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

『笑っていいとも!』終了で加速するか!? フジテレビの不人気長寿バラエティー切り

――  フジテレビ系の人気バラエティー番組『笑っていいとも!』が来年3月で終了することが22日に番組内で発表されたが、現レギュラー陣のお笑いコンビ・さまぁ~ず、タレントのベッキーをはじめ、芸能人たちが驚きと...

『笑っていいとも!』終了で加速するか!? フジテレビの不人気長寿バラエティー切り
ニュース
業界関係者が語るあの芸人のあの素顔!!

とんねるずのユルさにOZMAがもうカンカン!?

――  テレビの中では、視聴者を楽しく笑わせてくれるお笑い芸人の面々だが、その素顔はど...

とんねるずのユルさにOZMAがもうカンカン!?
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』