>   >   > 彼女の耳の穴/優木まおみ

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1806_F_DSC7567_hosei_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

miracle2 from ミラクルちゅーんず!
「Catch Me!」

『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』(テレビ東京系)より派生したアイドルユニットの1stシングル。2017年6月発売。


 いちばん最初に買ったCDは、リンドバーグだったかな? たぶん小学生くらいのときに。そのあとミスチルとラルクを聴くようになって……桜井さんとhydeさんがカッコよかったから(笑)。バンド系が好きだったんですよね。ジュディマリも好きだったし、イエモンとかGLAYも聴いてました。佐賀に住んでいたのでライブに行く習慣はなかったけど、高校生の頃、福岡ドームにマイケル・ジャクソンを観にいったことは覚えています。といっても、マイケルの曲なら全部知ってますみたいな感じではなく、周りに流されて。とにかく基本的にミーハーでしたね。昔から音楽は好きでしたけど、音楽を聴いてその当時のことを思い出すことはあっても、歌詞に自分の人生を重ね合わせたり……なんてことはあまりなく。私は昔から、ほんとクセのない、みんなが好きなものが好きっていう人間なんです(笑)。

 ただ、実は小さい頃から芸能界に対する憧れはずっとあったんですよ。小学生の頃から、親にも友だちにも内緒でいろんなオーディションにこっそり応募したとか。で、最終的に「アナウンサーになりたい!」っていう自分的な落としどころを見つけて、大学進学のため東京に出てくるんですけど……最初、大学になかなかなじめなくて。憧れの東京のはずだったのに、何か違うなと(笑)。それで、ハワイに留学するんです。そうなると、耳を英語に慣らしたいという思いもあって、やおら洋楽を聴きまくってましたね。実際、スパイス・ガールズにめっちゃハマったんですよ。あと、クリスティーナ・アギレラとかブリトニー・スピアーズ。そのあたりの曲を聴くと、ハワイに留学していたあの頃を思い出しますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』