>   >   > アイドル誌の企画力に刮目【2】/【トンチキ】させられランキング

――「Myojo」「WiNK UP」「ポポロ」「POTATO」「duet」5誌の1年分から、本誌編集部が独自に“トンチキさせられ度”を採点してみた。非ジャニオタには知られざる世界を、刮目して見よ!

■Hey! Say! JUMP
[トンチキさせられ度]★★★

ジャニタレにとって、いじられることは愛の証である!グループ別トンチキさせられ度採点表の画像1

【症例1】「麗しのEDEN ~神話の国から舞い降りた美しき神々」(「ポポロ」16年8月号)
編集部の欲望ダダ漏れぶりに定評のある「ポポロ」(こちらの記事参照)16年8月号で、ギリシャ神話における芸術を司る9人の女神に変身させた企画は目を引く。タイトルから気合いの感じられる本企画、見開きの山田涼介はまさに“ネ申降臨”といった風情だ。


ジャニタレにとって、いじられることは愛の証である!グループ別トンチキさせられ度採点表の画像2

【症例2】「もしもHey! Say! JUMPがリア充カップルだったら…?」(「WiNK UP」17年3月号)
カップルめいた行動をメンバー同士に取らせる、ある種の女子の欲望が炸裂した名企画。次の1Pは、メンバー各々が自撮りとLINEを彼女に送っているふうの画面を掲載。腐女子と夢女子どちらの欲望にもお応えする親切な作りになっている。


【総評】意外とトンチキ企画は少なめ。ただし、有岡大貴がJr.時代に「Myojo」で着用し、『ヒルナンデス!』(日テレ)でもいじられているモンゴル相撲コスを10年ぶりに披露しており(同誌7月号)、ポテンシャルの高さは伺える。

■Sexy Zone
[トンチキさせられ度]★★★★

ジャニタレにとって、いじられることは愛の証である!グループ別トンチキさせられ度採点表の画像3

【症例1】「Which one do you choose? 5人が、ファッションドールに大変身!」(「ポポロ」16年9月号)
「人形のように美しいSexy Zoneのメンバーを、ファッションドールに見立てて撮影したよ!」というリード文の通り、それぞれのキャラクターに寄せたドールの設定。「レビューを投稿する」「カートに入れる」「お気に入りに追加」などとECサイト風のデザインが凝っている。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』