サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 男性の育児とDX【2】/5秒でわかる!【ベビーテック】
第1特集
男性の育児とDX【2】

5秒でわかる!――ベビーテックってこんなのです!

+お気に入りに追加

――ベビーテックにはどんなジャンルがあるのか? 大雑把に累計してみた。

●隣の部屋にいてもOK!
「見守りカメラ」

2102_P072-075_img001_320.jpg

もっともポピュラーなベビーテック商品。遠隔から寝ている子どもを見守る用途で使用される。最近では体勢や呼吸を検知するIoT、AI技術を実装した商品群も登場。口や鼻を覆うことで発生する呼吸困難や、危険な場所に進入したことなどを正確に知らせるタイプの商品もある。

●ゆりかごからデジタルデータ
「IoT系商品」

2102_P072-075_img002_320.jpg

基本的にカメラやセンサーを駆使して呼吸や脈拍、睡眠状態など赤ちゃんの生体情報をデジタルデータとして取得。スマートフォンなどを通じて遠隔でそれらを確認できるというコンセプトの商品が多い。出産前の胎児の体調を把握するための商品なども少しずつ登場している。

●赤ちゃんと“会話”もできちゃう?
「感情検知グッズ」

2102_P072-075_img003_320.jpg

ディープラーニングなど人工知能を搭載することで、言葉を話すことができない赤ちゃんの感情を読み解こうという商品が少しずつ増えている。おむつ替え、ミルク、温度管理などを教えてくれる商品もあり、育児に不慣れなパパたちにとっては重宝する商品群となるかもしれない。

●情報共有もらくらくサクサク
「アプリ系サービス」

2102_P072-075_img004_320.jpg

生まれる前と生後の赤ちゃんのデータを詳細に記録しつつ家庭内でリアルタイムに共有できるタイプのほかにも、子供の知育やあやすためのアプリも充実し始めている。ベビーテックは今後、ハードウェア系が増えてくると思われるが、現在のところアプリなどソフトウェアサービスの充実度のほうが高い。

●ドラえもんの現実的な形
「コミュニケーションロボット」

2102_P072-075_img005_320.jpg

人工知能や感情認識機能、見守り機能を取り入れたコミュニケーションロボットは、子どもの感情発達や知育、安全対策に可能性を秘めているとされている。現在、医療の現場などでは子供向けのコミュニケーションロボットが普及し始めているが、今後は家庭でも利用されるシーンが増えるかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ