サイゾーpremium  > 特集2  > 【辻田真佐憲】インフォデミックへの処方箋

――厚労省ツイッター公式アカウントが名指しでワイドショーに反論!? これは言論統制への第一歩なのか? 緊急事態において、政権とメディア、そして有権者の関係はどうあるべきか。著書『大本営発表~改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争~』(幻冬舎新書)で政治と報道が一体化することの危うさを説いた、近現代史研究者・辻田真佐憲氏に聞いた。

2006_tujitamasanori_300.jpg
『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』(幻冬舎)

――第二次安倍政権のメディアに対する姿勢について、どう捉えていますか?

辻田 おそらく安倍首相は第一次政権のときにメディアにひどく叩かれて失敗したことを教訓として、第二次政権ではメディア対策にかなり力を入れてきたという印象があります。閣僚がテレビ局に対して“政治的公平”を理由に停波の可能性をちらつかせたり、一方で首相自身が自分にとって都合のいい特定のメディアにだけ出演したりするなど、基本的に第二次安倍政権は自分たちが有利になるよう報道に介入しようとしてきたし、情報発信にも利用してきたといえるでしょう。

――安倍首相とメディアのトップや幹部との度重なる会食も問題視されてきました。メディアが政府与党の意向を忖度したり、萎縮したりするようになると、どんなことが危惧されるのでしょうか?

辻田 これは“大本営発表”という歴史の教訓があります。メディアには政府を批判的にチェックするという役割があり、それがあるからこそ、政府はデタラメな発表はできない。適当なことを言ってしまえば、メディアに批判されて信用を損なうことになるわけですから。しかし、権力とメディアが一体化し、その発表を無批判に垂れ流すようになると、政府は自分たちに都合のいい、好き勝手な発表がやり放題になる。大本営発表がまさにそうだったわけですが、そんな状態になると有権者に正しい情報が伝わらなくなって政治的な判断の障害となり、大きな悪影響を与えることになります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報