サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > イギリスから現れたバンクシーの物語【2】/バンクシーと【パルコ】の関係
第1特集
イギリスから現れたバンクシーの物語【2】

あの映画を配給した功績とは? バンクシーとパルコの関係

+お気に入りに追加
2003_P030-035_column001_320.jpg

 2010年にサンダンス映画祭で最初に上映され、第83回米アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたバンクシー初監督映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』。“ミスター・ブレインウォッシュ”というアーティストをでっち上げたこの映画は、11年に日本でも公開された(3・11の影響を受けて一度延期となったが)。そんな本作や『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』(14年、日本公開は16年)といった映画を、映画会社アップリンクと共に配給したのが、昨年リニューアル・オープンした渋谷店が話題にもなったパルコである。

 同社はほかにも、『Wall and Piece』(11年)、『BANKSY: YOU ARE AN ACCEPTABLE LEVEL OF THREAT』(13年)、『BANKSY IN NEW YORK』(16年)といった作品集の日本語版を出版。このうち『Wall~』を除く2冊に関しては、鈴木沓子氏と社会学者の毛利嘉孝氏によって翻訳された。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ