サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【陰の官房長官】にスキャンダル炸裂で官邸機能がマヒか?
ニュース
官邸政治の影の立役者

【陰の官房長官】にスキャンダル炸裂で官邸機能がマヒか?

+お気に入りに追加

官邸を裏から操るエリート官僚

一般的にはあまりなじみのない名前だが、2019年末に「週刊文春」12月19日号、同26日号と立て続けにスキャンダルが報じられ、一躍話題になった官僚がいる。それが和泉洋人氏だ。菅義偉官房長官の後押しにより、内閣総理大臣補佐官に抜擢された和泉氏だが、傍若無人な振る舞いにより批判を浴びているという――。

2002_P016-017_img001_320.jpg
京都大学iPS細胞研究所のHPでは、山中教授からの「研究資金ご支援のお願い」が掲載されている。

 首相官邸に“陰の官房長官”と呼ばれる人物がいる。内閣総理大臣補佐官、和泉洋人氏――。官邸といえば経済産業省や警察庁の出身者が目につく中、和泉氏は国土交通省の出身ながら、担当する分野は実に手広い。官邸に権限を集中させるために設けた「国家戦略特区」を立案したのを手始めに、東京五輪パラリンピックのシンボル「新国立競技場」の建設も主導。沖縄・辺野古の米軍基地移設工事までも手がけ、首相の外遊にも随行するというとんでもない“スーパー官邸官僚”なのだ。

 やり手官僚だけに、敵も多い。2019年末、「週刊文春」(文藝春秋)に厚生労働省幹部の美人女性医師との不倫スキャンダル【1】が報じられ、その名を目にした向きも多いだろう。大手紙の政治部デスクの話。

「2人の関係は公然の秘密でした。なれ初めは一昨年の夏。安倍首相がターゲットになった例の国家戦略特区をめぐる加計学園問題で、実務を担当した和泉さんも国会で追及を受けていたさなか、官邸内で突然倒れたんです。呼吸も止まってしまい、絶体絶命のピンチに陥った和泉さんを救ったのが、官邸に偶然居合わせた女性医師でした。九死に一生を得てからというもの、女性医師は和泉さんのお付きとして官邸内を闊歩し、厚労省審議官の地位も得た。すると、権勢を振るいたい女性医師は和泉氏の手を借りて医療研究費の私物化に走り、あろうことか、あの山中伸弥教授が手がけるiPS研究予算が目障りとばかりに削減しようと画策したのです。さすがにノーベル賞受賞者を相手に横暴すぎると、官邸内や厚労省から批判が噴出しました」

 和泉氏の今回の横暴な振る舞いは、決して偶然の産物ではない。彼の正体は“官邸の門番”にほかならず、官邸に刃向かう中央省庁の役人を容赦なく切り捨ててきた過去があるからだ。

 その典型的な例が、前川喜平・元文部科学事務次官の追い落としだった。文科省記者クラブの記者が言う。

「和泉さんは、安倍首相の地元・山口県の産業遺産が含まれている『明治日本の産業革命遺産』を世界文化遺産候補にしようと躍起になっていたんですが、当時の文科省官房長だった前川さんの反対に遭って頓挫しそうになりました。この遺産群には朝鮮人の強制労働施設が含まれると反対する声が上がり、前川さんもこれを支持したからです」

 難色を示す前川氏の意向を振り切り、世界遺産候補へと押し切った和泉氏。この頃から前川氏のことを目障りに感じ、次なる手に打って出た。それがほかならぬ加計学園問題だった。

「総理が自分で言えないから、代わりに私が言います」

 16年9月。文科事務次官に上り詰めた前川氏を官邸に呼びつけた和泉氏は、国家戦略特区を利用した加計学園の獣医学部設置に抵抗する前川氏を前に早急に手続きを進めるよう露骨な圧力をかけている。

 翌17年。奇遇にも文科省幹部の天下り斡旋問題なるものが明るみに出た。前川氏は事務次官を引責辞任したわけだが、追い打ちをかけるように、新宿区歌舞伎町の出会い系バーでの買春疑惑を「読売新聞」が報じ、前川氏に対する官邸ぐるみの追い落としはここに完結するのだ。

 しかしながら、前川氏は買春疑惑を全面否定しており、和泉氏のような“官邸官僚”が画策した前川氏の追い落とし劇は、おぞましい謀略にほかならないことがうかがえた。

MEMO『影の官房長官』
2013年より内閣総理大臣補佐官、和泉洋人氏のこと。数々の大プロジェクトを手掛けるエリート官邸官僚だが、『週刊文春』「沖縄タイムス」などで、スキャンダルが報じられた。

 そんな和泉氏による公安警察顔負けの謀略の一端がついに19年末、沖縄県の地元紙「沖縄タイムス」によって暴露された。

 報道によると、和泉氏は前川氏を官邸に呼びつけて圧力をかけたのと同時期の16年9月、反対運動に遭っていた沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設工事について電源開発(Jパワー)に協力を求め、見返りに「海外案件はなんでも協力します」と持ち掛けたということだ。政権中枢の高官が民間企業に便宜供与を打診し、行政をゆがめた恐れがあると同紙は指摘し、Jパワーの内部メモを元にスクープを放っている。

 当時のJパワーは、ヘリパッド建設現場に隣接する国頭村安波に「沖縄やんばる海水揚水発電所」を運営していた。この施設は沖縄防衛局の設置したフェンスに囲まれ、抗議行動が及ばない立地にあったという。

 ここに目を付けた和泉氏は、ヘリパッド工事が抗議行動で難航していた16年9月14日午前、首相官邸にJパワーの北村雅良会長を呼び、「何とか年内、オバマ政権のうちにケリをつけたい」と説明し、発電所の建屋を工事のために使えるよう協力を要請したという。

 和泉氏の物言いは、時に脅迫めいていく。北村会長に対し、「本件は官邸の官房長官直結で私が仕切っている」「国が米国との関係の中で急いでいる事業と受け止め、協力してほしい」と迫ったというのだ。

 北村会長は基地建設に協力して「悪者にされるのはつらい」と地元の反発を懸念しつつ、「国の強い要請と受け止める」「私から社長に協力する方向で話す」と応じると、和泉氏は「ありがたい。海外案件はなんでも協力しますから」と、まさにアメとムチを巧みに使い分けていた。

 沖縄県民を愚弄する傍若無人な振る舞いに事欠かない和泉氏。現在、大問題となっている沖縄・辺野古の米軍基地建設をめぐっても、その謀略ぶりを遺憾なく発揮することになる。防衛省関係者の話。

「辺野古の現場は地盤がひどく悪いため、沖縄県はボーリング調査のやり直しを求めました。もし軟弱地盤が判明したら、大量のくい打ち工事が必要になる。そうなると、工期は大幅に遅れてしまうため、地元の沖縄防衛局は困惑の度を深めていました。そこへ、辺野古の担当になった和泉さんは防衛省には任せられないと一計を案じ、港湾工事に通じている国交省の技術者たちを防衛省に出向させ、工事に当たらせる異例の措置に出たんです。この技術者たちは基地工事の強行を前提にプランを練りました。そして、くい打ちのリスクが少ない浅瀬のエリアから工事を強行しました」

 ところが、この浅瀬も軟弱な地盤であることが明らかになり、現在、基地建設工事はストップしたまま。和泉氏のもくろみはあえなく崩壊の憂き目に遭っているのだ。和泉氏をよく知る官邸関係者は指摘する。

「和泉さんの手がける分野はいずれも国家事業にまつわる難題ばかり。そこへ、打つ手打つ手がみな斬新で、周囲をアッと言わせてきました。ですが、結果を見ると、仕掛けだらけの手品みたいなもので、実際には何も変わらない。首相や官房長官のご機嫌取りがうまいだけの策士なんですよ」

 和泉氏の魔術も効果が薄れ、国民はただの手品だったと気づき始めている。まやかしに彩られた官邸政治の終わりが始まろうとしているのかもしれない。

(編集部)

【1】不倫スキャンダル
『安倍首相補佐官と美人官僚が山中教授を“恫喝”した京都不倫出張』なる見出しでスキャンダルを報じた「週刊文春」によると、ノーベル賞受賞者の山中伸弥教授にiPS細胞をめぐる予算削減を通告し、その後、人目をはばかることなく逢瀬を楽しんだ……としている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ