サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【30】/【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1907_P131_unnamed_520.jpg

 一般的にドラッグについて語ることはタブーで(検証や警鐘については本誌で多く扱っているが)、基本は親しい間柄だけで話す話題だ。俺の周囲にいるヤツらもドラッグについてはおおっぴらに語らないし、ましてや中毒だなんて語ることもない。行政だって自分たちのコミュニティでドラッグの問題があることは黙っていたりする。しかし、ドラッグの問題が歴史上、長い間存在していることは周知の事実だ。

 最近アメリカでは処方箋薬のザナックスやメタドンが手軽に入手できることで、乱用者が年々増加している(ザナックスは抗不安薬、メタドンは鎮痛剤)。また、相変わらずエクスタシーやコカイン、クリスタルメス(覚せい剤)なんかのハードドラッグも広く流通しているのが実情だ。俺が思うに、日本もクリスタルメスをやっている人は多い気がするが、アメリカにおけるドラッグ常用者の数は日本の比じゃない。アメリカが日本にも増して、さまざまなプレッシャーや格差社会でストレスを抱えることが一番の原因かと思うが、価格の安さも要因のひとつだ。では、具体的な値段はいくらか。ロサンゼルスでコカインは1グラム約5500円なのに対し、日本では 2万2000円前後。同じく覚せい剤は1グラム約4400円なのに対して、日本ではコカイン同様の価格帯となっていて、日本におけるハードドラッグの価格がいかに高額なのかが一目瞭然だろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』