サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【50】/幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【50】

意識高い系を引っ掛ける洗脳術――幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1907_sarashina_07_200.jpg
ロバート秋山の風刺が笑えるうちはまだ正気だと思うが、ビジネス自己啓発本はコカインより中毒性が高いので、ほどほどに。

 先日、幻冬舎が自社の看板タイトルである、百田尚樹『日本国記』を執拗に批判した作家・津原泰水の文庫化を中止し、社長の見城徹がSNS上で津原の実売部数を晒し上げた件は、アンチネトウヨとクリエイターの受難が結合し「錦の御旗」となる化学反応を起こし、見事に炎上したが、見城の舎弟分で自己啓発本オンラインサロン商売のカリスマ・箕輪厚介が文庫化を引き取った早川書房の塩澤快浩編集長にSNSで嫌味を言った後、謝罪し、早川の新刊の帯コメントを書いた茶番劇……大人の喧嘩を見ていて、見城が幻冬舎とパートナーシップを組んでいたNewsPicksを罵倒し、箕輪が右往左往した2月の一件を思い出した。

 NewsPicksと幻冬舎は2017年に業務提携し、箕輪の企画編集による堀江貴文『多動力』、前田裕二『人生の勝算』、落合陽一『日本再興戦略』など、ビジネス自己啓発本のヒットを連発していたが、ニューズピックス社が自社での書籍化を目論んでパブリッシングチームを創設したことから見城が激怒、親会社のユーザベースの株価も一時暴落した。それでも4月に自社編集へ踏み切った背景には、NewsPicksアカデミアという巨大な金鉱……オンラインサロンがあるからだ。月5000円の会費でITビジネス成功者たちの講演動画配信、限定イベントや交流会を提供することで意識高い系サラリーマンや学生を囲い込み、著書を売っていくクローズドなシステムが大成功したのだ。

 その結果、意識高い系の馬鹿界隈では、クラウドファンディングのCAMPFIREや、会員制動画配信サービスのニコニコチャンネルなどを使った定額課金型オンラインサロンが乱立している。ポスト箕輪的なビジネス自己啓発本から二束三文の情報商材まで、売りつけられるものは有象無象だが、いかにもな情報商材ビジネスに漂っている「貧乏人の一攫千金」的な雰囲気はなく、上手く回っている分には教祖を中心としたコミュニティの安心感に浸ることができる。オウム以降、衰退した新興宗教の代わりに、大学のサークル活動の延長や自分探しの受け皿として、これらのオンラインサロンは機能しているのだ。サークル活動というと騙し騙され、生き馬の目を抜くような同人誌の世界しか思いつかない筆者は、動画映りを気にしてダイエットに励むチープなカリスマを崇めるコミュニティで安心する感覚はまったく理解できないのだが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』