サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【51】/幽霊、殺されても咎人となるニート。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【51】

元農水事務次官の事件を見て振り返る……幽霊、殺されても咎人となるニート。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1908_sarashina_08_200.jpg
スコアラーでもクリエイターでもなく、ゲーセンのコミュニケーションノートに集っていた平凡な常連たちを語る本は少ない。

 所用で遠出していたら、学生時代に通っていたゲームセンターの同窓会連絡網から珍しく連絡があった。「あれ、神崎だよ」と。何の話かと思ったら、熊澤という元農林水産事務次官の老人に殺されたニート息子の事件だった。確かに、テレビで見た被害者の写真はよく顔を合わせていた頃の写真だった。ゲーセンでは神崎と名乗っていて、本名も知らなかったので神崎と呼ぶが、会えば挨拶していたし、常連たちで食事へ行ったこともある。とはいえ、友人と言うほど親しくはなく、19年前にゲーセンが閉店した後は接点もなく、前述の同窓会連絡網にもいなかった。実家がいわゆる上級国民で、オンラインゲームの世界で問題人物だったことも事件後の報道で初めて知った。

 個人的な記憶を辿った限りでは、時折、棘のある言動はあったが、基本的には温厚な人物だった。当時の常連仲間に言わせると、出版業界のマニアックな話題や大言壮語を繰り返す筆者のほうがよっぽどおかしい人物で、本当に出版業界へ入ったので「普通」扱いになったが、何者でもない予備校通いの高校生がそんなことを話していたら正気を疑われるのは当然だ(当時、すでにライターデビューしていたのだが、嘘だと思われていたことも最近知った)。

 そのゲーセンは予備校(美術学校)とアニメ専門学校の隣にあったから、重篤中二病患者たちの野戦病院だった。筆者は絵描きでもないのに中二病だったから悪目立ちしていたが、神崎より絵は上手いが「画力=人間の価値」と公言する、神崎よりクズな人格のプロ絵描き予備軍も山のようにいて、そいつらを使って一山当てようとする悪い山師たち(同人ゴロやゲーム業界人)も蠢いていたから、正直、素人の域を出ない神崎の居場所はなかった。それでもアニメーター志望だったから、いつも永野護を模写したようなメカ絵のポートフォリオを抱えていた。筆者はライターを経てエロマンガ誌の編集者になっていたから、プロの目線で感想を求められたこともある。なので、エロマンガの持ち込みと同じような感覚で長所と短所を淡々と説明したが、それで怒るようなこともなかった。プロになれる才能はなかったが、憧れていることはよくわかったので、趣味の範疇でそれに近づくための指摘に留めたからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』