サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【働き方改革】芸能事務所の本音
第1特集
芸能界にも吹きすさぶ働き方改革の嵐

芸能界は意外にホワイト? エンタメ業界と働き方改革の齟齬――労基に翻弄される芸能事務所座談会

+お気に入りに追加

――4月中旬、大手芸能事務所3社が労働基準監督署から是正勧告を受けた。芸能界にも働き方改革の波が押し寄せているが、そもそも個人事業主たるタレントを扱う特殊な業種の労働環境を変えるには、なかなか時間と金がかかりそうで……。本稿では業界関係者たちの青息吐息をお届けする。

1906_rouki_01_320.jpg
自身の番組で芸能事務所の働き方改革問題に触れた東山紀之(真ん中)。とはいえ、ジャニーズもやまぬ人材流出や安月給などのブラックな噂があるのだが……。

[座談会参加者]
A…大手芸能事務所デスク
B…中堅芸能事務所チーフマネージャー
C…中堅プロダクション広報

 4月中旬、大手芸能事務所のアミューズ、吉本興業、LDHの3社が相次いで労働基準監督署(以下、労基)から是正勧告を受けていたことが報じられた。そこで今回は、芸能プロダクションで管理職を務める3人に集まってもらい、「芸能界と労基」について、働き方改革に戸惑う本音を大いに語り合ってもらった。

A 今回の報道はどう見ましたか?

C うーん、たぶん気持ちはみんなひとつですよ(笑)。

A メディアも自分たちの働き方が似たようなものだから、あまり厳しい論調では報じていませんでしたね。

B どのツラ下げてって言われちゃうから。テレビだと『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)が少し取り上げてたけど、司会の東山(紀之)さんが締めのコメントで「弊社(ジャニーズ事務所)もしっかりやっていきたいと思います」と言っていて笑ったなぁ。

A 御社こそですよ、ってね。

B そうそう。「あ、取り上げるんだ」って思いましたもん。

C でも今回は大手プロダクションが複数同時に是正勧告を受けたので、報道としてはそれなりに広く知られることになりましたよね。

A 4月の改正労働基準法に合わせた吊るし上げみたいなところもあったし。

B 国のそういう意思表示なんでしょうね。小さい事務所はさておき、この3社さんくらいの規模になると労基に入られるよっていう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』